MENU

喘息や痰の症状や原因の対処方法について

スポンサーリンク

皆さん喘息と言う言葉を聞いたことがあると思います。
また身近に喘息を患っている方も多くいるかもしれません。
他にも自分、もしくはご家族が喘息の症状を患っているもしくは喘息の疑いがある症状を起こしているという方がいらっしゃるかもしれません。
喘息というは身近ではあるのですが、場合によっては命に関わることがある病気です。
では喘息とはどうのような病気なのでしょうか?
喘息というのは、慢性的な、気道の炎症、気道が狭まってしまうという病気です。
症状としては発作性に、呼吸困難、喘鳴、強い咳などの呼吸器症状をきたす症候群である。喘息の病態に原因としては様々あるのですが、、アレルギー反応や細菌・ウイルス感染など日常に喘息になる因子が多く存在します。
重症の喘息症状を起こす場合には喘息大発作というのですが、発作により、呼吸器に激しいダメージをともない、呼吸困難をお越し喘息死を起こすことがあります。

スポンサーリンク

近年で急激に患者の数が増えている病気でもあります。
喘息を起こす因子としては、自動車の排煙からタバコ、工場の煙などがあり、他にもアレルギー物質である、塵、ホコリ、ダニ、といったハウスダストが因子としてあります。
また日常生活で寒気や運動、ストレスを感じることでそれが引き金になり、喘息の発作をおこすと言うことがあります。
喘息というのはただたんに咳が出るびょうきではありません。
呼吸ができないくらいの強い咳がおこることがあり、また気道が狭まることで余計に呼吸することが困難になる。また気道が狭くなることで咳がどんどん悪化するという症状をお越します。
喘息を起こすと喘鳴という喉からヒューヒューと音が出ます。
これは気道が狭まることで呼吸が苦しくなり起こる症状です。
また息切れ、痰が絡むという症状も同時起こります。
これらの症状が長い時間つづくことで、呼吸困難や過呼吸、酸欠、体力を激しく奪うということがあります。
また気道に細菌が感染することで喘息をひきおこすこともあります。
強い咳が続くことで、胸部に強い痛みが発生したり、場合よっては骨折をするという方も中にはいらっしゃいます。
喘息というのは、まだ完全に原因がつかめていない病気でもあります。
喘息を患っていた方が、自然に治ったということもありまだまだ治療に関しては課題が多く残っています。
喘息を治めるためには、気道を広げる薬を使用する事が非常に効果的で、患者さんの中には日常的に、喘息の薬を持っているというかたが多くいらっしゃいます。

スポンサーリンク