MENU

子供から大人まで気管支炎の症状と治療について

スポンサーリンク

喘息と同じく、咳が止まらない病気と多いものと言えば、「気管支炎」ではないかと思います。
また喘息と深いつながりがあるものでもあります。
こちらでは、この病気について説明をしていきたいと思います。
初めに〜気管支炎とは〜
この病気というのは、「ウイルス」「細菌」による感染が原因になることで、気管支の粘膜に炎症が起こることです。
そして、激しい咳や痰といった症状がおこります。
またアレルギー反応や喫煙といった刺激により発作を誘発されるといわれています。
気管支炎といっても種類があり、「急性気管支炎」「慢性気管支炎」とに分かれます。
急性気管支炎
・咳
・発熱
・喉の痛み
・鼻水
・頭痛
といった症状がみられるのですが、これらをみてわかるかと思いますが、症状が風邪と類似している点が多いため、所見で風邪と判断されることもあります。
原因としてはウイルスがほとんどとされていて特に「インフルエンザ」によるものが多いといわれています。

また肺炎の原因ともなる「肺炎マイコプラズマ」「肺炎クラミジア」が原因になることもあります。
・慢性気管支炎
慢性気管支炎になると、これら咳や痰が慢性的に繰り返されます。
また、発作のように強い咳が出ることもあります。
原因としては「喫煙」「アレルギー」などがあり、痰がからんだ咳が数ケ月から数年と非常に長い期間に渡り症状が継続します。
特に冬場には症状が悪化することが多く、それ以外の季節では一時的に症状が落ち着く傾向があります。
中には1年中この症状が続く人もいます。
慢性になるとさらに肺炎などを発症しやすく肺機能が徐々に低下していくことがあると言われています。

 

スポンサーリンク

 

気管支炎から肺炎へ?

 

ウイルス感染による気管支炎の半数が、そのあとに細菌による感染をするとされています。
この場合には、咳の症状のほかに、黄色で膿のような痰がでることがあり、抗生物質による治療が最優先になります。
この治療が遅れる場合や、タイミングがずれてしまった場合には、気管支炎がより内部に進行して、肺に達することになりこれによって「肺炎」になってしまうことがあります。
特に小さな子供や高齢者の方の場合に、症状が深刻化することがありますので非常に注意が必要です。

 

予防や治療について

 

治療に関しては、抗生物質を使用した治療方法が主になります。
これにより症状が早期に解決することがほとんどといえます。
しかし、症状が重度化しておりなおかつ慢性の方ですと、原因となる細菌やウイルスが抵抗を持っており、治療薬が効果をもたらさないということもあります。
この場合には、「ペニシリン系」の治療薬を使用して治療を行います。
また、これらの場合には、気管支炎よりも肺炎の症状の治療がメインになります。
予防に関しては、「風邪」「インフルエンザ」といった気管支に影響を与える病気の感染を防ぐことが重要です。
マスクの着用のほか、うがいや手洗いに力を入れることで予防ができます。
また体に疲れを貯めないということ、食事をしっかりととることも重要になります。
補足として原因となるものは非常に多く
「細菌、ウイルス、喫煙、アレルギー、大気汚染、排煙、塵、埃」など実の多種にわたるということがあります。
特に自分の免疫が過剰に反応する物質の場合ですと強い咳や痰がでることがありますので、自分のアレルゲンを事前に医療機関で調べてもらうというもの重要です。

スポンサーリンク

子供から大人まで気管支炎の症状と治療について記事一覧

気管支炎というのは、文字通りの気管支が炎症を起こすという病気です。年齢に関係なく発生する病気で、症状が繰り返されることで慢性化します。この場合症状も重度なことになり命に関わることもあります。さて、今回はこの気管支炎の症状が「うつる」のかどうかについて説明をしていきたいと思います。この回答に関してですが、正直言って「うつる」とも言えますし、「うつらない」とも言えます。原因によって感染する可能性がある...

気管支に炎症が起こることを気管支炎といいます。症状が進行すると、肺炎などの病気につながることがあり、場合によっては命に関わることもあるので、身近な病気であるのですが、その分注意がも払う必要がある病気といえます。特に風邪の感染時などに多いのですが、咳が長期続いている場合にはこの病気を疑ってみたほうがいいかもしれません。気管支炎には、急性と慢性があり、急性の場合には、治療期間の非常に短く症状の回復も早...

気管支炎といえば気管支に発症する病気です。同じく、似た病気としてあるのが、「喘息」ではないかと思います。双方ともに、症状としては、咳や痰がでるというものがあります。また、咳がひどい場合には呼吸が苦しくなるといったことがあります。今回は気管支炎との併発のある病気について説明をしてきたいと思います。まずは「肺炎」について説明をしてきたいと思います。これは、併発することが大いにあります。この原因としては...

咳がいつまでも続いて全然治らない?もしかしたら、肺の病気や大きな病気になってしまったのではないか?ということで不安になってしまった方も多いのではないでしょうか?風邪が治って咳だけがいつまでも残ってしまい、市販薬を使用しても一向に症状が改善s内ということがあったりします。今回はこのような、症状の原因となる「気管支炎喘息」の治療方法について説明をしてきたいと思います。別名「咳喘息」といも言われており、...

気管支炎といっても気管支に炎症が起こる病気というのは皆さんも理解されていることではあるかと思います。しかし、それ以外については、一体どのようなものなのか?ということであまりわからないということがあるのではないかと思います。今回はそんな「気管支炎ってなに?」ということについて説明をしていきたいと思います。気管支炎とは何か?気管支炎というのは、空気の通り道である気道にある気管より分かれた左右に存在する...

気管支炎といえば、気管支が炎症を起こす病気です。この病気は風邪やアレルギーなど原因が様々あり、原因により症状が異なります。さて、この気管支炎ですが、決して大人だけの病気ではありません。年齢関係なく症状をお越します。主に、風邪が原因で発症することがあるのですが、子供や幼児の場合に免疫力が大人に比べてまだ、発達途中ということもあるため、症状が起こることが発症するリスクも上がります。風邪がによって喉や気...

皆さんはお茶をよく飲みますか?いきなりの質問ですが、日本人であれば、ほとんどの方が緑茶、日本茶をのんだことがあるかと思います。緑茶といえば、成分に含まれるカテキンなどが体に良い影響を期待できるとされメディアでもよく取り上げられたりしています。今回はそんな「緑茶と気管支炎での作用」について説明をしてきたいと思います。まずは気管支炎ですが、ウイルスや細菌といった感染がほとんどになります。また喫煙や大気...

だれもが、病気から自分の体を守りたいと感じているかと思います。特に、年齢を重ねることで、自分の家族や子供に感染させたくないという気持ちが出てきたり、会社を休むわけにいかないという状況があったりするかもしれません。また、高齢者ですと症状が長引くということが増えてくることからなおさら病気に関して懸念するかと思います。さて、今回はそんな「気管支炎の予防する食べ物」について説明をしてきたいと思います。食べ...

気管支炎というのは、簡単にいうと気管支が炎症を起こす病気です。これによって気管支が狭まることで呼吸が苦しくなったり、咳が止まらなくなるなどの症状が起こる病気です。皆さんは病気になると、当然、病院や薬局、ドラッグストアなど薬を頼りにすることがあるのでないかと思います。当然ながら、咳が続く場合には、医療機関での診察を行うと思うのですが、ここで「抗生物質」という薬を処方されることがあると思います。今回は...

気管支炎という病気になることで病院に行くことがほとんどだと思います。この場合には、例えば風邪が長く続いていると思って医療機関で診察をしたら気管支炎であったということが多いです。そして医療機関では治療薬を処方されることになります。しかし、中にはこの処方箋が効果を表さないことがあります。今回はそんな「気管支炎の薬が効かない原因」について解説をしてきたいと思います。薬が効かないということで焦りを感じる方...

病気というのは、実に多く存在しておりその原因や症状によって行く病院というのは異なります。その病気によってさまざまなエキスパートがいるため、病院選択というのは非常に重要な選択肢といえます。病院によっては、症状を誤って診断してしまうということもあるかもしれません。そのため治療期間が長くなってしまったということも考えらえれます。今回はこの気管支炎の病院選択について説明をしてきたいと思います。まず、気管支...

近年、タバコによる体に対する影響がメディアで多く取り上げられています。また同様にタバコを禁煙するようなプランも多く取り上げられています。気管支炎を患うことで激しい咳や痰の絡みといった症状になります。主な原因として考えられているのは、細菌、ウイルスの感染、大気汚染や喫煙、アレルゲンといったものです。 喫煙がもたらす問題は数多くとりあげられていますが、喫煙の際に立ち上る副流煙もまた問題を引き起こす原因...

病気になることで医療機関を訪ねることは自然ではありますが、病気によっては一体どの病院?何科?がいいのかと迷うことがあるかと思います。今回はそんな「気管支炎の病院選択や何科」が適切なのかについて説明をしてきたいと思います。まず気管支炎には「急性気管支炎」「慢性気管支炎」と大きく種類があります。これらは、同じくくりわけではありますが、原因が異なります。そのため、原因により病院選択も異なることになります...

気管支炎には種類があるのですが、大きく分類を分けると慢性と急性に分類されます。急性と呼ばれる気管支炎としては「インフルエンザウイルス、ライノウイルス、アデノウイルス」といったウイルスが原因となる事が多いです。この場合には、薬による治療は咳止めや痰の排出を手助けする治療薬になります。抗生物質による治療薬は、効果がないといえます。また、気管に痰がたまることで2次被害で細菌感染を引き起こしてしまう事もあ...

気管支炎の症状として一番多いものとといえば咳になります。咳によって気管支炎と気づくことがほとんどの割合を占めます。また、他にも症状が現れるのですが、今回はその中でも「微熱」について説明をしてきたいと思います。発熱が起こると、体が妙にだるくなります。また人によっては合わせて関節の痛みなども現れることもあります。気管支炎になることで熱の症状が現れます。人によっては、この時点でずいぶん長く続く風邪だな〜...

気管支炎の症状として多いのが、咳が出る、痰が絡む、そして熱が起こる大体この3つの症状ほとんどになるのではないでしょうか?もちろん個人差があり多少の違いありますが、それはさておきさて今回は「気管支炎の熱が続く原因」について説明をしてきたいと思います。気管支炎と言えば、ウイルスや細菌といった感染が原因である場合や、排煙や喫煙、アレルゲンなどが原因である場合があります。これら気管支炎の中でも、熱を伴うも...

気管支炎は急性と慢性がありますが、一般的に起こるものとして急性のものがほとんどであり、ウイルス性もしくは細菌性が原因であることほとんどの割合を占めます。特に子供に感染しやすいということもあるのですが、大人でも仕事や家事などで免疫力が低下している場合には感染することがあります。季節としては、冬場が多く風邪やインフルエンザの延長として感染することが多いです。発熱ですが、37.5度〜38度といわれていま...

気管支炎という病気は年齢問わず発症する病気です。一番怖いものとしては、慢性気管支炎というもので、別名「閉塞性肺疾患COPD」と呼ばれています。この病気になると、肺機能が極端に減少してしまうことになります。また肺機能を回復することが不可能ということがあります。この背景には、肺に存在する肺胞というものの細胞が死んでしまうということがあるためです。細胞組織が死んでしまうことで再生をすることができなくなり...

風邪の症状がずいぶん長く続くな〜なんて思ったことはありませんか?特に咳が長く続いている場合には、もしかしたら「気管支炎」を発症している可能性があります。この場合には、症状の悪化の可能性もありますのでできる限り医療機関での検査、治療を行うことが重要になります。さて今回は「熱のない気管支炎」についてです。気管支炎では、微熱から高熱と個人差はあるのですが、症状が一緒に起こることがあります。しかし、中には...

気管支炎という病気になると、気管支が炎症が起こります。文字通りの病気ではありますが、咳、痰とが繰り返し起こることになります。また症状として発熱を発症してるものもあります。また細分化することで慢性と急性に分かれるのですが、さらに原因や症状などにより、アレルギー性気管支炎、マイコプラズマ気管支炎、びまん性汎細気管支炎といったもに別れることになります。原因のほとんどというのは、ウイルスの感染によるもので...

気管支炎の治療では様々な処方箋が使用されます。これは症状や原因により処方されるものが異なるですが、今回は一体どのようなものがあるのかについて説明をしてきたいと思います。気管支炎で使用される薬は簡単に説明をすると以下のものになります。・咳止め・痰を排出しやすくする薬・解熱剤・気管支拡張剤・ステロイド吸引剤・抗生物質となります。抗生物質の処方については原因により使用しないことがあります。主に原因が細菌...

気管支炎に感染すると咳が続きます。また、ウイルス性の場合ですと、肺炎になったり、また人に感染することもあるので注意が必要です。特に、子供がいる方ですと自分の子供に感染したらどうしよう・・・なんて気持ちになってしまうのでしょうか?また会社や家族、周囲の人に迷惑をかけてしまうのでないか?なんて思っている方も多いのではないかと思います。今回はそんな気管支炎を早く治す方法について説明をしていきたいと思いま...

気管支炎の治療は自分の治癒能力もしくは医療機関の処方箋になります。これは原因によっても異なるのですが、特にウイルス性の気管支炎の場合には、処置の方法が基本的に自然治癒に頼る部分が大きいということもあり、食べ物や飲み物に影響を受ける部分があるかと思います。さて、今回は気管支炎の予防や治療の際の手助けをする食べ物や飲み物について説明をしていきたいと思います。また急性と、慢性の二種類が存在するのですが、...

気管支炎といえば、咳が痰が絡む、また発熱というのがほとんどの症状といえます。しかしながら、個人差などもあるのですが、時によっては「動悸」の症状を訴える方がいらっしゃいます。今回はこの「気管支炎の動悸の症状」について説明をしていきたいと思います。まず、気管支炎というもについて少しふれていきたいと思います。急性気管支炎というものですが、ウイルスもしは、細菌などが感染することで気管支が炎症を起こすもので...

気管支炎といえば、咳の症状が特に印象があるのではないかと思いますが、他にも影響をあがえるものがあります。それは、「呼吸」です。気管支炎ということで炎症が起こることで、気管支が狭くなってしまうという症状が起こります。そのため、呼吸をしていて思うように呼吸が出来なかったり、思いっきり深呼吸をしたら咳がむせ返るように出てしまうということもあります。このような息苦しさというのは、とてもつらく時にはイライラ...

気管支炎の病気になった場合に多くが薬物療法や抗生物質の服用により症状が改善します。また風邪やインフルエンザの延長上で感染する方が多く、咳がしばらく残っているからへんだな〜ということで病院に言ったら実は気管支炎であったということが多くあります。また、薬物療法により症状が改善する方がほとんどでありあまり深刻にとらえることが必要ないといえる病気でもあります。しかし、中には、入院や点滴によって治療を行うケ...

気管支炎の症状で、時折ですが、胸の痛みが起こることがあります。今回は、そんな胸の痛みについて説明をしていきたいと思います。さて、この胸の痛みについてですが、原因がまちまちありますので実際に原因がどれであるのか?ということは言うことはできません。1、 咳咳が原因によりもたらされたことが原因である場合があります。これは、喘息をお持ちの方や他の咳の病気をお持ちの方に言えるのですが、咳によって胸部に負担が...

人間だれもが病気を発症したり感染したりと様々なことを経験されます。これは生きているうえでどうしようもないことなのですが、病気によりその治療期間やどれくらいで病気が治るのか?とのがまちまちでわからないということがあります。今回はそんな「気管支炎の治療期間」について説明をしていきたいと思います。気管支炎といっても種類があったり、個人差があるため一概にどれくらいで症状が治ったのかというの、はっきりと申す...

皆さんは「痰」というとあまりいいイメージがないかと思います。汚いとかそういったイメージが強いと思います。しかし、ばあいによってはこの痰が病気の状態を把握するうえで重要になることがあるんです。今回は特に「血痰」について説明をしていきたいと思います。血痰というのは、文字通り血が混じった痰の事です。これは気管支炎で症状が起こることがあります。この症状の原因としていえるのが、気管支や喉が傷がついているのが...

病気というのは、かなり類似している病気がたくさんあります。そのため、一般の方ではなかなか症状を判断するに苦労することがあるかと思います。特に冬場というと、「風邪やインフルエンザ、気管支炎、肺炎」といった病気があり類似ている部分が多々あります。「くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、咳、喉の痛み、発熱など」症状が現れるのはよくあることです。自分では風邪なのかな?っとおもって時間が惜しいからと市販薬を使用していた...