MENU

喘息吸入器と喘息薬の副作用には気をつけよう

スポンサーリンク

喘息は日夜を問わず突然症状が襲い、そして気管支が狭くなるので呼吸がとても苦しくなる病気です。
喘息の症状を緩和する方法として喘息吸入器と喘息薬がありますが、そのいずれも副作用には十分に気をつける必要があります。
喘息薬の副作用の症状として、手の先が冷たくなり震えがくるケースがあります。
さらに代表的な副作用の症状としては悪寒や重い頭痛が継続して起きるケースがあります。
これらは喘息薬が身体に合っていない場合や、又は心臓や呼吸器に負担が生じている場合が考えられます。
副作用の症状が発生した場合はすぐに担当医に相談する事が大切です。
休日でも当番医や救急病院があるため、喘息の副作用に対応できる医師はいますので安心です。

スポンサーリンク

喘息はアレルギーやその他の様々な要因によって発作的に気管支が狭くなる病気です。
突然発作が起きる人もいるので、携帯用の喘息吸入器を持っていると安心です。
喘息吸入器を吸引することによって呼吸が楽になります。
ただし、喘息吸入器の過度の使いすぎには気をつける必要があります。
それは吸入器を使いすぎることによって、心臓に負担がかかり、余計に呼吸が苦しくなる場合があるからです。
適切な吸入器の回数の目安としては、3〜5時間に1回の回数が良いでしょう。
それ以上使うと心臓に負担がかかる危険があります。
喘息吸入器は適切な回数を使用すると、喘息の症状は即効的に治まる場合が多いです。
そして一般的な内科では吸入器は処方されるので、使用の際は医師に言われた回数を守りましょう。

スポンサーリンク