MENU

子供の気管支炎と薬の種類ってどんなものがあるの?

スポンサーリンク

気管支炎の治療では様々な処方箋が使用されます。
これは症状や原因により処方されるものが異なるですが、今回は一体どのようなものがあるのかについて説明をしてきたいと思います。
気管支炎で使用される薬は簡単に説明をすると以下のものになります。
・咳止め
・痰を排出しやすくする薬
・解熱剤
・気管支拡張剤
・ステロイド吸引剤
・抗生物質
となります。
抗生物質の処方については原因により使用しないことがあります。
主に原因が細菌とわかっている場合には使用を行います。
ウイルスが原因の気管支炎では使用しても効果が見込めないということがあります。
では説明をしていきます。
・気管支拡張薬(ホクナリンテープ)
経皮的吸収薬のホクナリンテープは、気管支拡張剤になります。

ツロブテロールという成分が皮膚に貼り付けることで徐々に体に吸収されていきます。
そして、皮膚の下の血管から気管支に運ばれていき、気管支を拡張することになります。

スポンサーリンク

 

・.末梢性の鎮咳剤
咳を鎮めてくれるお薬になります。
この薬には2つの種類があるのですが、痰が絡まない乾いた咳などの場合には「中枢性鎮咳薬」になり、炎症などにより過敏になっている気管支の緊張を緩める「末梢性鎮咳薬」があります。
気管支炎の場合には、末梢性の鎮咳薬を使用します。
・去痰薬
これは、痰を排出するのをスムーズにしてくれるものです。
風邪や肺炎、気管支炎など状況により痰の粘性などが異なります。
虚誕薬にもいくつか種類があるのですが、痰の質により処方される種類が異なります。
・抗菌薬・抗生物質
冒頭でも触れているのでうすが、細菌に効果があります。
セフェム系の抗生物質になり、細菌の形を構成している細胞壁の合成を妨げます。
これにより、細菌の増殖を阻止することができます。
・ステロイド吸引
ステロイド吸引を行うことで気管支の炎症を鎮めます。
主に、気管支拡張剤とセットで使用して拡張して炎症を鎮めるということを行い症状の改善を図ります。

 

気管支炎では上記のような処方箋を組み合わせることで治療を行うことになります。
自分の症状のよって使用しない薬もあるかと思いますので、疑問を感じたら医療機関にたずねてみてください。

スポンサーリンク

関連ページ

気管支炎の症状は「うつる」?「うつらない」?どっちなの?
慢性気管支炎が完治ってすることができるの?
気管支炎の併発する原因と症状の病気とは?
気管支炎喘息(咳喘息)の治療方法ってどうやるの?
気管支炎ってなに?症状や治療方法について!
幼児や子どもの気管支炎の症状と治療方って?
気管支炎に日本緑茶の効果や作用ってあるの?
気管支炎を予防する食べ物や飲み物ってあるの?
気管支炎で使用される薬、抗生物質はどのような種類があるの?
気管支炎の薬が効かない原因ってなに?
気管支炎は病院は何科を選ぶのがいいの?
気管支炎は副流煙との関係はあるの?
気管支炎は病院や医療機関は何科がいいの?
気管支炎の治療「抗生物質」の副作用って?
気管支炎で微熱が続く場合の対処について
気管支炎の症状で高熱が長引くことがあります!
気管支炎が原因の熱が上がったり下がったりする症状はなぜ?
大人の気管支炎で熱の症状が出たら?
気管支炎で「熱が出ない」症状とは!?
気管支炎と熱が下がらない原因ってなに!?
気管支炎を早く治す方法って何かあったりしますか?
急性気管支炎に食べ物・飲み物は何がいいの?
気管支炎と動悸という症状ってあるの?
気管支炎の「息苦しい」対処方法とは?
気管支炎の治療で点滴を行う事ってあるの?
胸の痛みの症状の原因って何?
気管支炎の症状が続く期間ってどれくらい?
気管支炎で血痰がでる症状の原因って何でしょうか?
気管支炎の症状チェックでは類似する病気がたくさんあります!