MENU

気管支炎で使用される薬、抗生物質はどのような種類があるの?

スポンサーリンク

気管支炎というのは、簡単にいうと気管支が炎症を起こす病気です。
これによって気管支が狭まることで呼吸が苦しくなったり、咳が止まらなくなるなどの症状が起こる病気です。
皆さんは病気になると、当然、病院や薬局、ドラッグストアなど薬を頼りにすることがあるのでないかと思います。
当然ながら、咳が続く場合には、医療機関での診察を行うと思うのですが、ここで「抗生物質」という薬を処方されることがあると思います。
今回はこの抗生物質について説明をしてきたいと思います。
いまや、風邪を初め多くの病気で用いられている抗生物質です。
非常に効果が高いとされており、服用された方も多いと思います。
まず、気管支炎での抗生物質の使用ですが、これは原因により全く効果がない場合があります。
ウイルスが原因の場合には、抗生物質の効果は見込めません。
この場合には症療法というものが治療の中心となり、体を安静にして栄養を取ることが先決になります。
また、咳の症状が強いと「鎮咳薬」、痰が絡む場合には「去痰薬」といった治療薬を処方してして治療を行います。
続いてが、慢性気管支炎というものですが、これは「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」というもので、肺の細胞自体が破壊されている状態になっているので、薬による治療を行うことはありません。
この場合には、治療を行うことができないということになります。

スポンサーリンク

では、抗生物質の使用できる原因とはいったい何なのかというと、「細菌性気管支炎」です。
では使用される抗生物質ではどのようなものがあるのでしょうか?
・クラリスロマイシン

こちらは、細菌が増殖する際に必要となるたんぱく質ができる過程を阻害するものです。
このため、細菌の増殖を抑制する役割があります。

・ジスロマック

また同様なものでジスロマックがあり細菌感染症に有効とされるマクロライド系抗生物質です。
タンパク質の合成を阻害することでその増殖を抑制します。
さらに殺菌などの作用もあります。

・フロモックス

細菌によって引き起こされる感染症の治療に使われます。
広域用ペニシリンと同様に細菌を構成している細胞の壁を破壊します。
これによって形状を保てなくなった細菌は死滅します。

スポンサーリンク

関連ページ

気管支炎の症状は「うつる」?「うつらない」?どっちなの?
慢性気管支炎が完治ってすることができるの?
気管支炎の併発する原因と症状の病気とは?
気管支炎喘息(咳喘息)の治療方法ってどうやるの?
気管支炎ってなに?症状や治療方法について!
幼児や子どもの気管支炎の症状と治療方って?
気管支炎に日本緑茶の効果や作用ってあるの?
気管支炎を予防する食べ物や飲み物ってあるの?
気管支炎の薬が効かない原因ってなに?
気管支炎は病院は何科を選ぶのがいいの?
気管支炎は副流煙との関係はあるの?
気管支炎は病院や医療機関は何科がいいの?
気管支炎の治療「抗生物質」の副作用って?
気管支炎で微熱が続く場合の対処について
気管支炎の症状で高熱が長引くことがあります!
気管支炎が原因の熱が上がったり下がったりする症状はなぜ?
大人の気管支炎で熱の症状が出たら?
気管支炎で「熱が出ない」症状とは!?
気管支炎と熱が下がらない原因ってなに!?
子供の気管支炎と薬の種類ってどんなものがあるの?
気管支炎を早く治す方法って何かあったりしますか?
急性気管支炎に食べ物・飲み物は何がいいの?
気管支炎と動悸という症状ってあるの?
気管支炎の「息苦しい」対処方法とは?
気管支炎の治療で点滴を行う事ってあるの?
胸の痛みの症状の原因って何?
気管支炎の症状が続く期間ってどれくらい?
気管支炎で血痰がでる症状の原因って何でしょうか?
気管支炎の症状チェックでは類似する病気がたくさんあります!