MENU

気管支炎の治療「抗生物質」の副作用って?

スポンサーリンク

気管支炎には種類があるのですが、大きく分類を分けると慢性と急性に分類されます。
急性と呼ばれる気管支炎としては
「インフルエンザウイルス、ライノウイルス、アデノウイルス」といったウイルスが原因となる事が多いです。
この場合には、薬による治療は咳止めや痰の排出を手助けする治療薬になります。
抗生物質による治療薬は、効果がないといえます。
また、気管に痰がたまることで2次被害で細菌感染を引き起こしてしまう事もあります。
そのためこれらを防ぐため抗生物質が投与されることがあります。
また、クラミジアやマイコプラズマによって気管支炎が起きているケースもあります。
これらが原因である場合には、細菌による気管支炎になります。
この場合には抗生物質が処方されることになります。

スポンサーリンク

気管支炎でよく処方される抗生物質でセフェム系抗生物質が処方されることがあります。
これは多くに病気で使用されており細菌を形成している細胞壁の合成を阻害することで抗菌作用を発揮します。
これによって増殖の阻止、細菌が形を形成することができなくなります。
副作用としては、まれではあるのですが「発疹、下痢」といったものがあります。
またマクロライド系抗生物質も処方されます。
こちらは細菌のタンパク質合成を阻害することで抗菌作用があります。
「ブドウ球菌属、レンサ球菌属、インフルエンザ菌、レジオネラ菌、クラミジア菌、マイコプラズマ菌」などに効果が期待できます。
このマクロライド系抗生物質はさらに気道炎症により起きる気道過敏性の粘液の過剰分泌に対しての作用もあります。さらにさらに咳止め作用もあります。
副作用は「下痢、腹痛、嘔吐、胃部不快感」といった主に、消化器に多く副作用が現れます。そして、皮膚障害が起こることもありこの場合には湿疹や蕁麻疹といった症状があります。
他にも循環器では心室頻拍やQT延長症候群などが現れることがあります。
特に心疾患を持つ人は注意が必要です。
マクロライド系と作用、効果が類似しているものでリンコマイシン系抗生物質があり、気管への移行性がよく原因が不明の呼吸器疾患などに使用されます。
副作用として偽膜性大腸炎が起こることがあり下痢が頻繁に起きたり腹痛が起こるので注意が必要です。

スポンサーリンク

関連ページ

気管支炎の症状は「うつる」?「うつらない」?どっちなの?
慢性気管支炎が完治ってすることができるの?
気管支炎の併発する原因と症状の病気とは?
気管支炎喘息(咳喘息)の治療方法ってどうやるの?
気管支炎ってなに?症状や治療方法について!
幼児や子どもの気管支炎の症状と治療方って?
気管支炎に日本緑茶の効果や作用ってあるの?
気管支炎を予防する食べ物や飲み物ってあるの?
気管支炎で使用される薬、抗生物質はどのような種類があるの?
気管支炎の薬が効かない原因ってなに?
気管支炎は病院は何科を選ぶのがいいの?
気管支炎は副流煙との関係はあるの?
気管支炎は病院や医療機関は何科がいいの?
気管支炎で微熱が続く場合の対処について
気管支炎の症状で高熱が長引くことがあります!
気管支炎が原因の熱が上がったり下がったりする症状はなぜ?
大人の気管支炎で熱の症状が出たら?
気管支炎で「熱が出ない」症状とは!?
気管支炎と熱が下がらない原因ってなに!?
子供の気管支炎と薬の種類ってどんなものがあるの?
気管支炎を早く治す方法って何かあったりしますか?
急性気管支炎に食べ物・飲み物は何がいいの?
気管支炎と動悸という症状ってあるの?
気管支炎の「息苦しい」対処方法とは?
気管支炎の治療で点滴を行う事ってあるの?
胸の痛みの症状の原因って何?
気管支炎の症状が続く期間ってどれくらい?
気管支炎で血痰がでる症状の原因って何でしょうか?
気管支炎の症状チェックでは類似する病気がたくさんあります!