MENU

気管支炎は病院や医療機関は何科がいいの?

スポンサーリンク

病気になることで医療機関を訪ねることは自然ではありますが、病気によっては一体どの病院?何科?がいいのかと迷うことがあるかと思います。
今回はそんな「気管支炎の病院選択や何科」が適切なのかについて説明をしてきたいと思います。
まず気管支炎には「急性気管支炎」「慢性気管支炎」と大きく種類があります。
これらは、同じくくりわけではありますが、原因が異なります。
そのため、原因により病院選択も異なることになります。
とはいっても、基本的に初回の病院選択に関して同様な場所でも影響は少ないと思いますので、その後の検査結果により異なることになるかと思います。
また、いきなり自分の病気の原因がわからないことには正しい病院選択をすることも困難になりますので、しっかりと理解をしていきましょう。
急性気管支炎では細菌やウイルスが原因になることがほとんどになります。
この場合には、風邪と同様に「内科」での診察で問題はありません。

スポンサーリンク

診察の結果、原因が細菌もしくはウイルスという感染によって引き起こされた症状の場合には、内科で処方箋の服用などの処置になるかと思います。
また、他にも、呼吸器系の医療機関での診察でも対応が可能です。
この場合には、慢性気管支炎といったより専門的な診察や検査が必要な場合にこちらになります。
慢性の場合には、原因が喫煙、アレルギー、といったものがあります。
喘息でも同様ではありますが、この場合には「呼吸器科」「呼吸器内科」という選択肢を行うことが好ましいかと思います。
こちらでは急性でも慢性でも対応ができより専門的な治療を行うことができますので、ご自身のお住まいから近い場合にはこちらでの診察が好ましいといえます。
また、子供の場合には風邪が治ったのに、なぜか咳がいつまでも続くということがあるかと思います。
この場合に気管支炎である可能性が高いです。
同様に上記のような病院選択もしくは「耳鼻咽喉科」といった選択もありアレルギーなどによる原因にも的確な治療を施してくれるかと思います。
また妊娠中の方の場合には母体や胎児への影響も懸念されるため、とても慎重になる必要があります。
胎児への影響などを考慮すると、産婦人科での診察から他の医療機関での診察に切り替えていくのもいいかもしれません。
このように、症状や原因、個人の年齢や状態によって好ましい選択をを選ぶ必要がありますのでぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 

関連ページ

気管支炎の症状は「うつる」?「うつらない」?どっちなの?
慢性気管支炎が完治ってすることができるの?
気管支炎の併発する原因と症状の病気とは?
気管支炎喘息(咳喘息)の治療方法ってどうやるの?
気管支炎ってなに?症状や治療方法について!
幼児や子どもの気管支炎の症状と治療方って?
気管支炎に日本緑茶の効果や作用ってあるの?
気管支炎を予防する食べ物や飲み物ってあるの?
気管支炎で使用される薬、抗生物質はどのような種類があるの?
気管支炎の薬が効かない原因ってなに?
気管支炎は病院は何科を選ぶのがいいの?
気管支炎は副流煙との関係はあるの?
気管支炎の治療「抗生物質」の副作用って?
気管支炎で微熱が続く場合の対処について
気管支炎の症状で高熱が長引くことがあります!
気管支炎が原因の熱が上がったり下がったりする症状はなぜ?
大人の気管支炎で熱の症状が出たら?
気管支炎で「熱が出ない」症状とは!?
気管支炎と熱が下がらない原因ってなに!?
子供の気管支炎と薬の種類ってどんなものがあるの?
気管支炎を早く治す方法って何かあったりしますか?
急性気管支炎に食べ物・飲み物は何がいいの?
気管支炎と動悸という症状ってあるの?
気管支炎の「息苦しい」対処方法とは?
気管支炎の治療で点滴を行う事ってあるの?
胸の痛みの症状の原因って何?
気管支炎の症状が続く期間ってどれくらい?
気管支炎で血痰がでる症状の原因って何でしょうか?
気管支炎の症状チェックでは類似する病気がたくさんあります!