MENU

気管支炎で微熱が続く場合の対処について

スポンサーリンク

気管支炎の症状として一番多いものとといえば咳になります。
咳によって気管支炎と気づくことがほとんどの割合を占めます。
また、他にも症状が現れるのですが、今回はその中でも「微熱」について説明をしてきたいと思います。
発熱が起こると、体が妙にだるくなります。
また人によっては合わせて関節の痛みなども現れることもあります。
気管支炎になることで熱の症状が現れます。
人によっては、この時点でずいぶん長く続く風邪だな〜とう意識の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
基本的に急性気管支炎の原因の場合でウイルス感染であった場合には、このままでもある程度症状はよい方向に進みます。
たいてい風邪の場合には発熱は3日前後でほとんど平熱に戻ります。
しかしこの症状が3日以上5日以上と症状が続く場合には、気管支炎や肺炎の可能性があります。
「発熱の4日ルール」という言葉があるのですが、これは風邪とそれ以外の病気とを判断する一つの材料と言われています。

スポンサーリンク

さて発熱に対しての対処についてですが、原因によって異なりますが、まずは上記にも少し書いておりますが、「ウイルス」が原因であった場合には、基本的に、個人の免疫能力に頼ることが多いです。
そのため、安静に栄養、睡眠としっかりと取るようにしてください。
また、治療に関しても咳止めや痰に関する治療薬になります。
続いてが、細菌が原因の場合ですが、この場合には抗生物質による治療薬になります。
抗生物質の使用によって症状が急速に改善することが多いです。
また中には高熱にが続くことがあるのですが、この場合比較的炎症が重度である場合が多く、抗生物質もあまり効果を表さないことがあります。
息苦しさ、咳、呼吸でゼーゼー、ヒューヒューといった音が出ることがあり、気管支が狭まった状態であることがほとんどです。
重度の場合には、体を使うことを控え、特に安静にしてください。
症状の原因が気管支炎であれば栄養を摂って安静にしていれば5日ほどで熱は治まってきます。
高熱の際の注意として、脱水症状が起こり、体力の低下、免疫力の低下が懸念されるのでしかりと水分補給を行うようにしましょう。

スポンサーリンク

関連ページ

気管支炎の症状は「うつる」?「うつらない」?どっちなの?
慢性気管支炎が完治ってすることができるの?
気管支炎の併発する原因と症状の病気とは?
気管支炎喘息(咳喘息)の治療方法ってどうやるの?
気管支炎ってなに?症状や治療方法について!
幼児や子どもの気管支炎の症状と治療方って?
気管支炎に日本緑茶の効果や作用ってあるの?
気管支炎を予防する食べ物や飲み物ってあるの?
気管支炎で使用される薬、抗生物質はどのような種類があるの?
気管支炎の薬が効かない原因ってなに?
気管支炎は病院は何科を選ぶのがいいの?
気管支炎は副流煙との関係はあるの?
気管支炎は病院や医療機関は何科がいいの?
気管支炎の治療「抗生物質」の副作用って?
気管支炎の症状で高熱が長引くことがあります!
気管支炎が原因の熱が上がったり下がったりする症状はなぜ?
大人の気管支炎で熱の症状が出たら?
気管支炎で「熱が出ない」症状とは!?
気管支炎と熱が下がらない原因ってなに!?
子供の気管支炎と薬の種類ってどんなものがあるの?
気管支炎を早く治す方法って何かあったりしますか?
急性気管支炎に食べ物・飲み物は何がいいの?
気管支炎と動悸という症状ってあるの?
気管支炎の「息苦しい」対処方法とは?
気管支炎の治療で点滴を行う事ってあるの?
胸の痛みの症状の原因って何?
気管支炎の症状が続く期間ってどれくらい?
気管支炎で血痰がでる症状の原因って何でしょうか?
気管支炎の症状チェックでは類似する病気がたくさんあります!