MENU

喘息が原因で息苦しい、眠れない場合の対策について

スポンサーリンク

喘息が原因と思われる息苦しい夜間についての対策を記述します。
喘息とは様々な原因によって気道が狭められてしまう状態を指します。
アレルギーなども関連する場合があります。
また睡眠を取り始める前の副交感神経が活発になると咳が多く出ることもあります。
そういった場合は息苦しさや咳込みから眠れない事もあります。
薬を用いる場合は、気道を広げるテープや吸入、発生予防の物を使用するケースが多く見られます。
眠る環境の工夫も有益です。
適切な湿度で温度が冷たすぎない空気は喉への刺激を防ぐ事ができます。
また枕を調節し、気道が狭まりにくいようにします。
通常の枕と睡眠姿勢ですと気道が狭められてしまうこともあります。
クッションやタオルなどを使用し、上体が斜めになるようにすると気道確保されます。

スポンサーリンク

息苦しい、眠れない感覚は不快感を伴います。
喘息の特徴であるゼーゼー、ヒューヒューなどという呼吸音を確認した場合は速やかに医師への受診をおすすめします。
症状が強く発生した場合は、強く気道が狭まる可能性もあります。
アレルギー面での喘息を引き起こす原因とされているのが、ハウスダストです。
ダニやペットの毛、ホコリなどです。
医院では血液検査を行うことで、対象者のアレルギー物質について知ることがかのうです。
ダニは特に5月から10月ほどに爆発的な繁殖が行われることがわかっています。
この時期は月に1回ダニの駆除を行うことで、その後のダニ発生を大きく防ぐことが可能です。
ダニは眠る環境であるベッドや布団に多く生息する事がありますので、注意が必要です。

スポンサーリンク