MENU

気管支炎と熱が下がらない原因ってなに!?

スポンサーリンク

気管支炎という病気になると、気管支が炎症が起こります。
文字通りの病気ではありますが、咳、痰とが繰り返し起こることになります。
また症状として発熱を発症してるものもあります。
また細分化することで慢性と急性に分かれるのですが、さらに原因や症状などにより、アレルギー性気管支炎、マイコプラズマ気管支炎、びまん性汎細気管支炎といったもに別れることになります。
原因のほとんどというのは、ウイルスの感染によるもので初期では風邪に似た症状であるため多くが風邪と間違えることがあります。
風邪の場合ですと、症状も自然と治まりますが、気管支炎ではなかなか症状が改善せず、症状が改善したと思ったら、また症状がぶり返すということもあり厄介なことこの上ない病気といえます。
症状が長引いておかしいと感じたら、医療機関での検査を行うことが先決であり、なるべく早く治療を行うことが好ましいといえます。
基本的に医療機関での治療では、咳や痰を抑える薬や抗生物質などが処方されます。

スポンサーリンク

また気管支炎では、発熱を伴なう場合と伴わない場合がありますが、大体37.5から38度ほどの熱が起こります。
大体3日から5日ほどで発熱も落ち着きます。
しかし、発熱の症状がこれ以上に続くことがあります。
この場合には、気管支炎という考えを変えなければいけません。
この場合には、気管支の原因である感染源が肺に入りこんでしまい肺炎になっている可能性があります。
この場合には医療機関で治療を行わなければ基本的には症状の改善につながることがありませんので必ず医療機関を利用するようにしてください。
また、主に発症するのが冬場が多いので、インフルエンザに感染している可能性もあります。
特に発熱に関しては38度を超える高熱が起こっているほか、関節の痛みや全身のだるさ、鼻水などがある場合には気管支炎以外の症状である可能性が非常に高くなります。
さらに治療方法も異なってきますので、正しい治療法でない場合ですと、より症状の改善までの治療時間が長くなってしまいますのですぐに医療機関でに行くようにしてください。
また感染症であるため、ご家族や身近な方などに感染してしまうリスクもありますので、自分のため、自分の周りの方のためにも早期治療を心がけるようにしてください。

スポンサーリンク

 

関連ページ

気管支炎の症状は「うつる」?「うつらない」?どっちなの?
慢性気管支炎が完治ってすることができるの?
気管支炎の併発する原因と症状の病気とは?
気管支炎喘息(咳喘息)の治療方法ってどうやるの?
気管支炎ってなに?症状や治療方法について!
幼児や子どもの気管支炎の症状と治療方って?
気管支炎に日本緑茶の効果や作用ってあるの?
気管支炎を予防する食べ物や飲み物ってあるの?
気管支炎で使用される薬、抗生物質はどのような種類があるの?
気管支炎の薬が効かない原因ってなに?
気管支炎は病院は何科を選ぶのがいいの?
気管支炎は副流煙との関係はあるの?
気管支炎は病院や医療機関は何科がいいの?
気管支炎の治療「抗生物質」の副作用って?
気管支炎で微熱が続く場合の対処について
気管支炎の症状で高熱が長引くことがあります!
気管支炎が原因の熱が上がったり下がったりする症状はなぜ?
大人の気管支炎で熱の症状が出たら?
気管支炎で「熱が出ない」症状とは!?
子供の気管支炎と薬の種類ってどんなものがあるの?
気管支炎を早く治す方法って何かあったりしますか?
急性気管支炎に食べ物・飲み物は何がいいの?
気管支炎と動悸という症状ってあるの?
気管支炎の「息苦しい」対処方法とは?
気管支炎の治療で点滴を行う事ってあるの?
胸の痛みの症状の原因って何?
気管支炎の症状が続く期間ってどれくらい?
気管支炎で血痰がでる症状の原因って何でしょうか?
気管支炎の症状チェックでは類似する病気がたくさんあります!