MENU

気管支炎の症状が続く期間ってどれくらい?

スポンサーリンク

人間だれもが病気を発症したり感染したりと様々なことを経験されます。
これは生きているうえでどうしようもないことなのですが、病気によりその治療期間やどれくらいで病気が治るのか?とのがまちまちでわからないということがあります。
今回はそんな「気管支炎の治療期間」について説明をしていきたいと思います。
気管支炎といっても種類があったり、個人差があるため一概にどれくらいで症状が治ったのかというの、はっきりと申すことはできないのですが、ある程度の指標として考えていただき参考にしていただければよいかと思います。

 

スポンサーリンク

まず、ウイルスや細菌による気管支炎の事を「急性気管支炎」といいます。
診断に関しては一般的には、咳や痰といった症状から判断されます。さらに発熱が長引いているという症状がある場合もあり、この場合には肺炎を引き起こしてる場合もありますので胸部のレントゲンやCTを行い判断します。
余談ではありますが、肺炎の際には肺の部分に白い霧のようなものが映り込むためこれにより肺炎と判断することになります。
さて、治療にはいったいどれくらいかかるのでしょうか?
急性気管支炎には、対症療法(自然治癒)が中心となって行われます。
これは原因がウィルスであるばあいですが、原因に対しての治療薬が特にないというのが理由です。
そのため免疫力、そして体外に原因となるウイルスを排出することが症状の解決の道筋になるかと思います。
治療期間ですが、およそ3週間となっています。
また個人差によっては4週間となる方もあり個人の免疫力や体力にも関係してきます
他の原因として、細菌があるのですが、細菌性の場合には、「抗生物質」による治療が非常に効果的とされています。
抗生物質というのは、細菌を形成している膜があるのですが、くすりによってこの膜を破壊して形を維持できない状態にするというものです。
これによって細菌の数を減少させ回復させます。
この場合の治療期間は大体1週間から2週間ほどとされています。
また、この抗生物質というのは細菌でしか効果を示さないため、ウイルス性の場合には効果を認めることはできません。

スポンサーリンク

関連ページ

気管支炎の症状は「うつる」?「うつらない」?どっちなの?
慢性気管支炎が完治ってすることができるの?
気管支炎の併発する原因と症状の病気とは?
気管支炎喘息(咳喘息)の治療方法ってどうやるの?
気管支炎ってなに?症状や治療方法について!
幼児や子どもの気管支炎の症状と治療方って?
気管支炎に日本緑茶の効果や作用ってあるの?
気管支炎を予防する食べ物や飲み物ってあるの?
気管支炎で使用される薬、抗生物質はどのような種類があるの?
気管支炎の薬が効かない原因ってなに?
気管支炎は病院は何科を選ぶのがいいの?
気管支炎は副流煙との関係はあるの?
気管支炎は病院や医療機関は何科がいいの?
気管支炎の治療「抗生物質」の副作用って?
気管支炎で微熱が続く場合の対処について
気管支炎の症状で高熱が長引くことがあります!
気管支炎が原因の熱が上がったり下がったりする症状はなぜ?
大人の気管支炎で熱の症状が出たら?
気管支炎で「熱が出ない」症状とは!?
気管支炎と熱が下がらない原因ってなに!?
子供の気管支炎と薬の種類ってどんなものがあるの?
気管支炎を早く治す方法って何かあったりしますか?
急性気管支炎に食べ物・飲み物は何がいいの?
気管支炎と動悸という症状ってあるの?
気管支炎の「息苦しい」対処方法とは?
気管支炎の治療で点滴を行う事ってあるの?
胸の痛みの症状の原因って何?
気管支炎で血痰がでる症状の原因って何でしょうか?
気管支炎の症状チェックでは類似する病気がたくさんあります!