MENU

気管支炎の症状チェックでは類似する病気がたくさんあります!

スポンサーリンク

病気というのは、かなり類似している病気がたくさんあります。
そのため、一般の方ではなかなか症状を判断するに苦労することがあるかと思います。
特に冬場というと、「風邪やインフルエンザ、気管支炎、肺炎」といった病気があり類似ている部分が多々あります。
「くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、咳、喉の痛み、発熱など」症状が現れるのはよくあることです。
自分では風邪なのかな?っとおもって時間が惜しいからと市販薬を使用していたが一行に病状が改善しないということもあります。
いざ医療機関に行ってみたら、気管支炎でした、肺炎でしたということも実はかなりの実例が存在します。
今回はそんな「気管支炎の類似する病気」について説明をしたいと思います。
気管支炎に類似した症状を持った病気は、以下のようにあります。

スポンサーリンク

 

・気管支炎
 咳や痰、喉の痛み、発熱、倦怠感、息苦しさなど
・喘息
咳、息苦しさなど
インフルエンザ
高熱、頭痛、関節痛、喉の痛み、咳、鼻水
・風邪
発熱、場合よって高熱、頭痛、関節通、喉の痛み、くしゃみ、咳、鼻水
・肺炎
咳、微熱〜高熱、頭痛、倦怠感

 

といったものです。
上記に記載してるものというのは実際のところ、主な症状ばかりです。
これ以外の症状がおこることもあり、なおかつ症状の見た目がわからないということがあります。
これらの症状を完全に見極めるためにはやはり医療機関に行くのが早いかと思います;
内科、呼吸器科、耳鼻咽喉科といった医療機関を訪ねることでスムーズに治療が進むかと思います。
また思わぬところで、実は「閉塞性肺疾患」であったり、「肺気腫」といったことである場合もあります。
これらの場合には、命に関わる病気であり、私生活にも大きな支障が出ることがあります。
肺気腫はいわゆる肺癌であり、早期の治療を行わなければそれこそ命に関わります。
また閉塞性肺疾患の場合には、肺の細胞が死んでしまっているため一度の呼吸で供給される酸素量が減少してしまい呼吸が困難な病気です
いつまでも症状が続くという場合には我慢をせずに専門の医師に相談することが好ましいので早期に医療機関に行くようにしてください。

スポンサーリンク

関連ページ

気管支炎の症状は「うつる」?「うつらない」?どっちなの?
慢性気管支炎が完治ってすることができるの?
気管支炎の併発する原因と症状の病気とは?
気管支炎喘息(咳喘息)の治療方法ってどうやるの?
気管支炎ってなに?症状や治療方法について!
幼児や子どもの気管支炎の症状と治療方って?
気管支炎に日本緑茶の効果や作用ってあるの?
気管支炎を予防する食べ物や飲み物ってあるの?
気管支炎で使用される薬、抗生物質はどのような種類があるの?
気管支炎の薬が効かない原因ってなに?
気管支炎は病院は何科を選ぶのがいいの?
気管支炎は副流煙との関係はあるの?
気管支炎は病院や医療機関は何科がいいの?
気管支炎の治療「抗生物質」の副作用って?
気管支炎で微熱が続く場合の対処について
気管支炎の症状で高熱が長引くことがあります!
気管支炎が原因の熱が上がったり下がったりする症状はなぜ?
大人の気管支炎で熱の症状が出たら?
気管支炎で「熱が出ない」症状とは!?
気管支炎と熱が下がらない原因ってなに!?
子供の気管支炎と薬の種類ってどんなものがあるの?
気管支炎を早く治す方法って何かあったりしますか?
急性気管支炎に食べ物・飲み物は何がいいの?
気管支炎と動悸という症状ってあるの?
気管支炎の「息苦しい」対処方法とは?
気管支炎の治療で点滴を行う事ってあるの?
胸の痛みの症状の原因って何?
気管支炎の症状が続く期間ってどれくらい?
気管支炎で血痰がでる症状の原因って何でしょうか?