MENU

小児喘息による入院の期間と費用

スポンサーリンク

小児喘息は小児科外来では珍しくない病気だといえます。
そして症状が重い場合は入院をすることが多々あります。
自宅で療養していては、子どもが呼吸困難になる危険がありますし、食事も満足に摂取できない危険があるからです。
入院費用は病院によっても異なります。
私立病院と市立病院とでも料金は違います。
特に私立病院の場合、費用はその経営方針によって異なります。
私立病院の中には、小児喘息の入院費用を極力抑えようとする病院もあります。
それは小児喘息は、何度も入退院を繰り返す事があるため、両親の経済的負担を少なくしょうという配慮があります。
入院をすれば、吸入器が夜間もありますし、栄養は点滴から取り入れる事が出来るので安心です。

スポンサーリンク

小児喘息で入院した場合、その期間は患者によって千差万別です。
症状が軽い子どもの場合は、薬治療や吸入器による治療によって数日間の期間で済みます。
反面で重い小児喘息の症状がある子どもについては、完治に数ヶ月かかる場合も珍しくありません。
喘息の症状は夜間に発生する場合が多いため、中々退院許可が出しにくいという事情もあります。
また、一度退院しても根治をさせていなければ、すぐにまた再び病院で同じ治療を受けてしまう子どもが現れてしまいます。
そのため退院には慎重になる事があります。
時期がクリスマスの場合は、多くの小児科病院の場合、患者のためのクリスマスイベントがあります。
それは少しでも病気のことを忘れて子どもを励まそうという気持ちからです。

スポンサーリンク