MENU

喘息発作ステロイド点滴に副作用はあるのか

スポンサーリンク

喘息にはつらい咳が症状としてあります。
また発作として症状がでるため、呼吸が苦しいくらいにつらくなることがあります。
そんな時に、使用するのが、喘息の発作を止める薬です。
喘息の発作を抑えるために、「ステロイド」が使用されることがあります。
気管支に作用する吸入タイプのステロイド薬や、全身に作用する内服、点滴用のステロイド薬です。
ステロイドは薬効も高いのですが、副作用もあることから治療に用いるのを心配する人も多いのですが、吸入タイプのものに関しては気管支にのみ作用するものであり、その後は体内で分解され排出されるので特に心配はないとされています。
しかし喘息発作ステロイド点滴のように全身に作用させるタイプのものは、副作用が発生する恐れがあります。
ステロイドの副作用は「免疫力の低下や副腎皮質機能不全、精神の変調といった重い症状から、食欲増進やニキビ、体毛の増加など」さまざまです。

スポンサーリンク

このようにステロイドには高い抗炎症作用とともに重篤な副作用が発生する可能性があるのは事実です。
しかしこれはあくまでも長期にわたって大量に服用を続けた場合に起こるものです。
喘息発作ステロイド点滴の場合は、かなり重症の発作を起こした場合に使用されますが、これは放置しておけば命にもかかわる事態になりかねないことから使用するものです。
副作用のリスクにとらわれるよりも、効果の高い薬を投与して早急に発作を抑えるほうが優先だという医師の判断により行われるものですので、誰が見ても信頼できないような医師による施術でない限り、医師の指示通りに治療を受けたほうがいいでしょう。
ステロイドの影響が心配な場合は、率直にそのことを医師や看護師に相談するのも一つの方法です。
ステロイドというのは、このように副作用で判断をすると、ちょっと抵抗をもつかもしれませんが、その分、効果に即効性があるという利点があります。
そして、短期間の使用では、非常に心強い効果をもたらしてくれることがおおいでうs。
なかには、長期でない場合でも副作用を起こす方もいらっしゃりますが、これは稀なケースです。
使用をして、もしも異常を感じた場合には、医師に相談をしてみてください。

スポンサーリンク