MENU

アレルギーによる咳の市販薬は多くの種類があります!!

スポンサーリンク

アレルギーによる咳は非常につらいものです。
ひどくなってくると夜も眠れないほどになってしまうこともあります。
そういう時には医療機関を受診するのが一番ではありますが、市販薬にも多くの種類があってセルフケアをすることも可能です。
アレルギーによる咳の種類としては痰が出るか出ないか、どのくらいの時間にわたって続くのかといったことで対応の方法も異なってきます。
それにともなって市販薬も準備されています。
しかしアレルギーによる咳は外の有害なものを体内に入れないという防御反応という一面もあるためむやみに止めることも良くないということがあります。
セルフケアをするときには、そういうことを考えて市販薬を選んでいく必要があります。
単純に風邪による咳であれば咳止めを飲むということも有効です。
しかしアレルギーであれば喉の炎症を抑えるような抗ヒスタミン薬などが有効だといえます。
痰がからまっているかどうかでも種類が変わってきます。

スポンサーリンク

アレルギーの場合には原因となるものがあるうちは比較的長く症状が続いてしまうことも多いということがあります。
そのため咳を止めるということもある程度はしていくことが大切になってきます。
いくら生体防御反応といっても24時間常に咳をしていると体にも負担があるからです。
市販薬でもそういった種類のものが多く販売されています。
まずは痰を出やすくする成分を含んだもの、そして咳中枢の神経に働きかけて出にくくするという成分を含んだ薬もあります。
アレルギーの場合には長期的に市販薬を使用することも考慮に入れて選んでいくことが大切です。
同じ効果を狙っていても成分の種類が様々あります。
アレルギー性の場合には抗ヒスタミン薬が一般的ですが他にも様々な市販薬が出ていますので種類を確認して使用することも有効になります。
しかしどうしてもアレルギーに効く咳止めなどの市販薬について分からなくなってきた時には、薬剤師などにどのような種類が合うか確認することも必要になります。

スポンサーリンク