MENU

インフルエンザの後遺症で咳が出る原因とはなんでしょうか?

スポンサーリンク

インフルエンザとは冬に毎年のように発生する感染症の一種で、インフルエンザウイルスに感染する事で発症します。
抵抗力が弱い子供や高齢者が発症すると重症化しやすく、肺炎等の合併症が起こる事もあるので注意が必要です。
学校や老人介護施設等で集団感染が起こる事も少なくなく、この感染症によって学級閉鎖等が起きるという話もよく聞きます。
 このウイルスの感染経路については飛沫感染が主となっているので、近くに発症している人がいる場合は気を付ける必要があります。
感染者とは出来るだけ接触を控えるようにして、もし接触した場合には丁寧な手洗いとうがいをするのが望ましいです。
 インフルエンザを発症した場合に現れる症状としては、急激な高熱の発生や全身の倦怠感の発生等が挙げられます。
それに合わせて鼻水や咳等の呼吸器系の症状、嘔吐や下痢等の消化器系の症状が現れる事も多いと言われています。
他にも強い頭痛や関節の痛み等が現れる場合もあり、起き上がるのが難しくなってしまう事もあります。

スポンサーリンク

 インフルエンザの治療方法に関してはウイルスへの特効薬がないため、対症療法で対応するのが一般的です。
現れている症状を薬等で緩和しつつ、本人の抵抗力を利用して根本的に治療するという方法になります。
 それ以外にも発症してから治療するのではなく、あらかじめ予防接種を受ける事で発症そのものを防ぐという方法もとても有効だとされています。
 ちなみにインフルエンザの後遺症として咳が発生する事がありますが、この後遺症の咳は決して珍しいものではないです。
インフルエンザの後遺症で咳が発生する原因については、ウイルス等の二次感染という原因が挙げられます。
 インフルエンザが治りかけている段階で再びウイルスや細菌に感染すると、それが原因となって症状が現れる事があります。
これが二次感染と呼ばれるもので、インフルエンザでもこの二次感染が起こる事があるのです。
 この場合はウイルスが喉に付着するという特徴があるため、それが原因となって咳の後遺症が現れる事が少なくないです。
またこのウイルス以外の細菌等が付着して、それが原因となって後遺症の咳が発生してしまう事もあります。
 二次感染が原因の後遺症の咳は放置すると少しずつ悪化していき、それが原因となって気管支炎にまで発展してしまう事も多いです。
そのためインフルエンザの後遺症の咳が続いている場合には、早めに病院を受診して相談するのが望ましいと言えます。

スポンサーリンク