MENU

喘息発作の対処にコーヒーが効果あり

スポンサーリンク

コーヒーは昔、喘息発作の対処法として用いられていたことがありました。
これは、コーヒーに含まれるカフェインが喘息に対して効果を発揮するためです。
喘息の発作は交感神経が優位になっているときには起こりにくく、副交感神経が優位になっているときに起こりやすい傾向があります。
カフェインには交感神経を刺激する作用があります。
こうして、症状を軽減させることができるのです。
しかし、現在はカフェインよりも効果の強い「テオフィリン」が開発されているため、医療現場ではほとんど利用されていません。
テオフィリンとカフェインの構造は非常によく似ています。
そのため、効果も似ているのです。
今は使用されていないといえど、喘息発作の対処としては有効です。

スポンサーリンク

気管支を拡張し呼吸を楽にしてくれるカフェインですが、注意すべき点もあります。
喘息治療をしている方は、すでに病院でテオフィリン製剤を処方されていることでしょう。
薬と一緒にカフェインの含まれる飲み物を摂取するのはやめましょう。
同時に摂取してしまうと中毒症状が起こり、頭痛や吐き気、震えが起きる可能性があるためです。
また、コーヒーのカフェインは吸収されるまでに長い時間がかかります。
つまり、効果が出るのは遅いです。
コーヒー一杯に含まれるカフェインもそこまで多くはありませんから、あまり期待しないほうがよいでしょう。
また、カフェインが刺激になって発作が出る人もいますので注意してください。
コーヒーは予防法としてならば適していますが、過剰摂取は命の危険にもつながります。
医師から処方された薬をきちんと使用し、できる限り発作を起こさないようにするのが完治への近道です。

スポンサーリンク