MENU

むせる咳が続く、咳が止まらないという症状と原因とは!?

スポンサーリンク

むせる咳が続く、咳が止まらない症状を持つという人は意外に多いのではないでしょうか。
しかしながら、そうしたむせる咳が続く、咳が止まらないという症状には原因もあります。
その一つが家の中のほこりやダニです。
こうしたほこりやダニは、特にペットを飼っている家で多く発生します。
というのも、ほこりやダニはペットの毛が抜け落ちることで発生し、ダニはペットの毛等を食べて繁殖するからです。
そのため、むせる咳が続くということや、咳が止まらないという場合には家が汚れていることが原因となっていることが考えられます。
しかし、もし、ほこりやダニが症状の原因であるとしたら、掃除をすることで改善期待できます。
長い間、原因不明のむせるような咳や、止まらない咳が続くことがあったとしても、家のフロアを隅々まで掃除機をかけることで止まる可能性も十分あるため、もし、咳症状で悩んでいるのなら、まずは家を掃除し、空気をきれいにしてみても良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 むせるような咳が続く、咳が止まらないという症状が出る原因としてもう一つ考えられるものとして、ストレスが挙げられます。
特に、喉の奥にピーナッツの殻が引っかかったような異物感があって、むせるような咳が続く場合や、それにより咳が止まらないような場合は強いストレスがかかっている可能性もあります。
しかも、喉の異物感がますます不安感を高め、敏感となり、「自分はガンなのではないか」等を考えれば、ますます症状が強まってしまう可能性もあります。
しかし、これも原因がストレスであるとわかっているため、リラクゼーションや抗うつ薬、抗不安薬を服用することで原因が解消され、むせる咳が続く、咳が長期に渡って止まらない症状も消失する場合もあります。
そのため、咳についてはあまり深刻に考えず、なるべく気分転換できるようになると良いでしょう。
こうした気分転換の方法としては運動が適しており、運動をすることでストレス解消となる他、心肺機能も高まるので、一気に症状を消失させることも可能です。

スポンサーリンク