MENU

冬になると咳などのアレルギーが出る原因について

スポンサーリンク

冬になると風邪だけでは無く、咳や鼻水といったアレルギーの症状が起きるという方は少なくない様です。
冬のアレルギーが何故起きるのか原因と対策について考えてみましょう。
冬にアレルギーを引き起こす原因は大きくわけますと2つに分かれます。
寒暖差によって起きるものと、通年性で起きるものです。
寒暖差によるアレルギーは文字通り気温差が原因で起きます。
アレルギーは花粉やハウスダストなどの物質だけが原因ではありません。
自律神経が乱れますと鼻水や、くしゃみ、咳、人によっては喘息などの症状がでます。
寒暖差が激しいとどうしても自律神経が乱れてしまいますので、季節の変わり目は着るものや室内の気温など調節できる事はしっかり調節する事で自律神経にかかる負担を抑える事が予防となります。
特に昨今の日本の気候は温暖化の影響で夏の暑い期間が長く、秋の期間が短いためいきなり冬になる傾向があります。
本来ならば夏、秋、冬と徐々に体が外気温に慣れていくのですが、いきなり冬になりますと急激な冷えが原因で体がびっくりして寒暖差によるアレルギーの症状が出やすくなりがちです。
自身で出来る範囲で着る物や、布団、暖房器具、加湿器、マスクなどを使って気温や湿度を調節して予防していきましょう。

スポンサーリンク

通年性のアレルギーの方は主にハウスダストや花粉などが原因で咳や喘息などの症状が出るのですが、冬になると普段よりも症状が出やすくなるという方は多い様です。
冬になりますと窓を閉めて暖房を使う事が多くなります。
それによってほこりが室内を飛びやすくなる事が原因と考えられます。
また通年性の方に多いのは風邪をひくとアレルギーの症状がでるという方です。
冬はどうしても風邪をひきやすい季節です。
喘息の症状を持っている方は咳が長く続くという事も多いです。
風邪が治ってもいつまでも咳が止まらないという時は喘息などの症状がまだ治っていない場合が多いです。
喘息などの症状がでますとハウスダストなどから体を守るために気道が敏感になります。
それが原因で咳がでたり息苦しいという症状がおきますので、このような症状が出た場合は速やかに病院にいきましょう。
喘息や咳、鼻水といったアレルギーの症状は放っておいても中々治りません。
しかし病院で処方してもらえるお薬を飲めば症状は治まります。
病院は内科で対応してもらえます。
内科に行っても治りが悪かったり、咳が治まらないという時には呼吸器科に行ってみましょう。
普段から着る物などで調節しながら体調を崩したら病院へ行く事で体を守って行きましょう。

スポンサーリンク