MENU

咳でえずく病気とその症状とはどのようなものなのでしょうか?

スポンサーリンク

咳が止まらず、えずくことは誰もが経験しているかと思います。
しかし、何気ないことですが、もしかしたら重大な病気にかかっているかもしれません。
今回は咳の仕組みとえずく原因、その病気や症状について解説します。
まず、咳が出る仕組みは気管などに入った細菌やウィルス、塵やほこりを追いだそうとして起こる反射運動であり痰はその不要物の塊です。
たいていは風邪の場合が多く、たいした病気ではないのですが、重大な病気である可能性も考えられます。
それはインフルエンザなどの感染症や肺炎などです。
その症状は熱や関節痛などもあり、最悪のケースでは肺結核や肺がんといった放置しては危ない病気も存在しますので気をつけるようにしましょう。
続いてえずく仕組みを説明します。
えずく理由は喉の奥に刺激を受けた時や異物が入った時に出そうとする反射運動です。
空咳によってえずくのは喉が乾燥していたり炎症を起こしていたりします。
最初は何気ない咳から始まり、それによって喉が炎症し違和感とともに痒みが出てくるので結果としてえずくのです。

スポンサーリンク

先ほどにも挙げた通りインフルエンザなどの病気の症状でえずくことが多いです。
そして風邪などの後に起こる咳喘息もあります。
これは女性に多い症状です。
さらに悪化してしまうと気管支炎になる場合もありますので十分気をつけて症状を長引かせないようにしましょう。
このほかにアレルギー症状も考えられます。
アレルギーの食べ物を口にしてしまうと咳が止まらなくなったり蕁麻疹も出たりしてしまい危険ですので自分にアレルギーが無いか前もって病院で診断を受けるのも大切です。
また、百日咳といった病気も存在します。
昔からあるものであまり耳にしないかもしれませんが、これも危ない病気の一つです。
症状としては短い咳が連続して出たり息を吸う時にヒューヒューといった独特な音が聞こえます。
感染経路としては空気感染が一番大きな要因です。
働いている方などは電車や街なかでの他人のくしゃみなどから感染してしまうことが多いかと思われます。
このように、えずくことは様々な原因があります。
なので、はやく治すためにも病院に行くことをおすすめします。

スポンサーリンク