MENU

咳で息苦しいときは病院の何科を受診するのか?

スポンサーリンク

咳が止まらず息苦しいと感じることがあります。
咳が止まらず息苦しいという症状があるときには、病院の何科を受診すればいいのか迷ってしまいます。
熱や鼻水というような風邪の症状がないにもかかわらず、咳が止まらず息苦しいと言うことがあります。
このときに病院の何科を受診するべきなのか判断に困ってしまいます。
何科を受診するべきなのか考えたときには、耳鼻咽頭科で喉の状態を確認してもらうという人もいますが、内科で薬を処方してもらうという人もいます。
何科を受診するか考えたときに、呼吸器科で検査を受けるという人もいます。
たくさんの病院や診療科があるので迷ってしまいます。
最初に病院の何科を受診するのかという入り口を間違わないためにも、それぞれの特徴を把握しておく必要があります。
咳が止まらず息苦しいと言うときには、耳鼻咽頭科を受診するという方法があります。
これは耳や鼻、咽頭などを中心に診察を行っています。
喉の調子が悪いときや痰が絡むときに受診をします。

スポンサーリンク

風邪のような症状があるときに病院の何科へ行くか迷うという人がいますが、かならずしも内科ではなく耳鼻科で診察を受けることもできます。
咳がたくさん出て息苦しいと言うときに、痰が絡んで出血が発生することもあり、この場合咽頭炎の可能性があるので耳鼻咽頭かが適切です。
体調が悪くなったときに最初に受診を考えるのが内科となります。
ここでは熱や咳や咽頭痛や倦怠感と言うようにさまざまな症状に対処してくれるようになっています。
病院の何科に行くか迷ったときに、選ばれることが多くなっています。
内科は息苦しいというような症状を見極めるための一時的なところと考えられています。
したがってここで原因を特定することができれば、ほかの診療科で治療が行われることもあります。
2ヶ月以上続く慢性的な咳や痰、息苦しいというような症状に関しては、気管支喘息や肺気腫の可能性があります。
心不全など呼吸器の疾患の可能性もあるので、この場合は病院の呼吸器科を受診するようにします。

スポンサーリンク