MENU

激しい咳で肋骨が痛い場合に病院は何科を選ぶべきか!?

スポンサーリンク

激しい咳が長時間続くと、肋骨が痛い状態になるケースがあります。
この場合、何科に行くと良いのかが不明な場合は総合病院の受付に相談をすることを推奨します。
総合病院の受付には多くの患者が訪れるために、何科が良いのかを適切に判断をしてくれます。
また咳で肋骨が痛い場合は、その痛みの程度によっても何科に行くべきかが変わります。
例えば神経に障るように肋骨が痛い場合は、神経痛の可能性があります。
神経痛は、寒さや精神的なストレスによって骨に鋭い痛みが発生するのが特徴です。
特に激しい咳をすると痛みが増します。
そのため、神経痛によって肋骨が痛い場合は神経内科に行くことを推奨します。
神経内科の中には漢方薬を処方する病院があります。
一般的に漢方薬は副作用の心配が少ないケースが多いために安心です。
また神経痛で肋骨が痛い場合は、温泉で身体を芯から暖めることも重要です。
お湯の成分を調べて、神経痛に効く成分が多く含まれている温泉を選びましょう。

スポンサーリンク

激しい咳で肋骨が痛い場合に何科に行くべきかは症状によって変わります。
もしも咳をした場合、非常に鋭い痛みが発生する場合は、肋骨が折れている可能性があります。
これは激しい咳が長時間続くことは、骨に多大な負担になるからです。
そのためこの場合は外科に行って、レントゲン検査を受けることを推奨します。
多くの病院にはレントゲンが設置してあります。
また咳をして肋骨が痛い場合、何科に行くべきかが不明な場合は、インターネットの情報が参考になります。
自分の症状と照らし合わせて、何科に行くべきかを教えてくれるサイトがあります。
もっとも症状には個人差があるために、インターネットの情報だけを盲信せずに、病院の看護師にも相談をすることが大事です。
また仮に骨を骨折していた場合であっても、骨折の亀裂が小さい場合はレントゲンに鮮明に写らないケースがあります。
そのため最初の病院で骨に異常が無いと診断されても、痛みが続く場合は違う病院に行きましょう。
激しい咳が長期間続く場合に何科に行くべきかについては、内科に行く事を推奨します。

スポンサーリンク