MENU

大人になってからの嘔吐を伴う咳は病気の可能性・原因があります!

スポンサーリンク

大人になり、咳が止まらなく、それにより嘔吐の症状を経験した方、または現在発症している方、その原因ある病気が関わっている可能性があることをご存じでしょうか。
嘔吐を伴う場合、喉を刺激して、その反応で嘔吐してしまうのが多いです。
それらの症状がある場合、「喘息咳」か「百日咳」を疑いましょう。
喘息咳は、一ヶ月以上続く空咳が主な症状で、夜中から明け方にかけ、激しく咳き込む為、嘔吐が併発することがあります。
喘息と名のつくのは、呼吸の度に「ヒューヒュー」という音がなります。
痰は絡まないため、一つの判断基準になります。
熱もなく、放置しているととても長引く恐れがある為、とても怖い病気です。
また、大人でも喘息へ繋がる恐れもある為、早めの医療期間の受診をお勧めします。
主な原因は、大人になってからタバコを吸うようになり、その煙でアレルギー反応を起こす場合や、ホコリやダ二などのハウスダストが原因の場合もあり、大人になってからもかかる病気です。

スポンサーリンク

また、百日咳という病気の恐れもあります。
こちらも同様に嘔吐を伴います。
一度発症してしまうと個人差はありますが名の通り、100日程度完治までにかかる病気です。
この病気は、子供の頃に打つ、三種混合ワクチンにより子供の発症率は下がっていますが、ワクチンがきれる大人の発症は年々上がってきてます。
こちらも原因は、大人になってから吸うタバコの影響やハウスダスト、またストレスも原因とされている病気なので、大人の発症率が上がっているのも頷けます。
どちらも嘔吐を伴うような激しい咳に見舞われ、激しくなるタイミングが夜中なので、睡眠に影響がでて、より体調を崩す方が多いです。
どちらも原因は似たようなものなので、その原因となるものを取り除かないと長引く原因にもなります。
また、咳は簡単に収まりませんが嘔吐を伴わない方法もあり、水分のまめな摂取や、室内の加湿などで、喉の状態を極力良くし、嘔吐までいかないようにします。

スポンサーリンク