MENU

小児喘息の時の食べ物と療法

スポンサーリンク

子供の咳が長引き、胸が苦しそうにしていたら小児喘息の可能性があります。
これは気管支が炎症を起こしてしまい、狭くなるために発症する病気です。
痰がたくさん出るため呼吸が苦しくなるのも特徴の一つです。
この小児喘息は遺伝子が関係してくることがあり、家族や親の中で喘息を持っている人がいる場合には気をつける必要があります。
また体に合わない物質が原因になることもあります。
これは食べ物が影響してくる場合もあります。
ですからアレルギー検査を正しくしておく必要があります。
体に合わない食べ物を食べることで体が拒絶反応を起こし、咳が出てしまうということもあります。
また室内のほこりなどでも症状が出る場合がありますのでいつでも室内の空気をきれいにしておく必要があります。

スポンサーリンク

小児喘息の療法としては食べ物で治すという方法もあります。
しかし食べ物療法にも効果のあるものと逆に悪化させてしまうものがあります。
効果のあるものはブロッコリーなど色の濃い野菜です。
緑黄色野菜ともいわれており、気管の炎症を抑えてくれる効果があります。
またハチミツにも炎症を抑え免疫力を高める効果がきたいできるため必要です。
逆に悪化させてしまうものとは、主に冷たいものです。
アイスクリームなどをたくさん食べていると逆に咳が酷くなってしまったり、呼吸困難になってしまったりととても危険なため注意が必要です。
また食事をする時には水分をたくさん取ることも重要です。
そうすることにより喉や気管や胃などに粘膜を張ってくれるため炎症を起こしにくくなります。

スポンサーリンク