MENU

インフルエンザの後遺症の咳で人に感染するのか?

スポンサーリンク

インフルエンザとはウイルスによる感染症の一種で、冬が近付いてくると毎年のように全国で流行り始めます。
年齢や性別等は関係なく誰でも感染・発症するのですが、特に子供や高齢者の感染には注意が必要です。
 なぜなら子供や高齢者は体内の抵抗力が弱い場合が多くあり、そんな時に感染・発症すると重症化する可能性が高くなるからです。
インフルエンザは悪化すると肺炎等の合併症が起こる事も少なくなく、ひどい時には命に関わる事もあるので充分に注意したほうがよいと言えます。
 インフルエンザを発症した時に現れる症状としては、高い発熱や全身の倦怠感が突然現れて急速に悪化していくのが有名です。
それ以外にも鼻水や咳等の呼吸器系の症状や、下痢や嘔吐等の消化器系の症状が現れるケースも珍しくないと言われています。
また人によっては筋肉に炎症が発生してしまう場合もあり、こうなると歩く事も難しくなってしまいます。
ここまで悪化するともちろん生活に支障をきたす事にもなってしまうので、出来るだけ早めに病院を受診するのが望ましいです。

スポンサーリンク

 インフルエンザを発症した場合の治療方法については、特効薬がないので対症療法を行うのが一般的となっています。
患者の症状に合わせて解熱剤や気管支拡張薬等を処方して症状を緩和しつつ、抵抗力での完治を目指すという治療方法です。
 ちなみにインフルエンザの後遺症として咳が現れる事があるのですが、この後遺症の咳による人への感染を心配する人も多くいます。
この後遺症の咳で人に感染するかどうかは、そのインフルエンザの後遺症の咳がどのくらい続いているかによって異なります。
例えばインフルエンザが完治してから数日程度経過した段階の後遺症の咳であれば、人に感染する可能性は充分に考えられます。
しかし後遺症の咳が出始めて数週間は経過している場合には、別の可能性を考える必要が出てきます。
 後遺症の咳が数週間続いている場合の別の可能性とは、インフルエンザ以外の細菌等に感染している可能性です。
この場合にはインフルエンザが人に感染する可能性はないですが、その別の細菌がうつってしまう可能性は考えられます。

スポンサーリンク