MENU

アドエアによる咳喘息治療の副作用について

スポンサーリンク

咳喘息の治療をする際に病院でアドエアというお薬を処方された事のある方は多いのではないでしょうか。
アドエアは咳喘息の治療において非常に効果的で副作用が少ない部類のお薬です。
そのため咳喘息の治療には多く用いられています。
しかし副作用が少ないと言いましてもお薬ですので副作用が全く無いという事ではありません。
使っていて特に問題無い方が多いのですが副作用がでるとい方もおられます。
では実際にアドエアにはどの様な効果と副作用があるのか見ていきましょう。
アドエアとはまず吸入タイプのお薬です。
飲み薬と違い体全身に作用せずに部分的に効果がでるという理由から飲み薬より安全性は高いです。
効果は気管支の拡張と気道の炎症を抑え、吸入し続ける事で咳喘息の予防をする事もできます。
吸入してすぐに効果がでるタイプのお薬というものでは無く、吸入し続けて時間が経ってから徐々に効果がでてきて長期間に渡って作用します。
慢性的に咳喘息などの症状が起きる方は症状がでていなくても予防のため通年で使っている方も多いです。
こういった効果と安全性から咳喘息の治療を行う際にアドエアは多く使われています。
では具体的にどの様な副作用があるのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

アドエアの副作用でもっとも多く見られるものは口内炎です。
アドエアはステロイド薬です。
このステロイド薬には強力な抗炎症作用があるため吸入後に口の中に吸い込んだ薬が付着している状態ですと口内炎の原因になってしまいます。
この場合、吸入後にしっかりうがいをすれば防げます。
その他の副作用に頭痛や、動悸、手足のふるえといったものがあります。
基本的に正しく使っていればこの様な症状が起きる事は滅多にありません。
持病があったり、他の薬を飲んでいるという理由から副作用が起きる事がありますので、病院に受診される際にはお医者様や薬剤師の方に自身の持病や飲んでいるお薬は必ず伝えましょう。
基本的にアドエアは咳喘息の治療において安全で非常に効果のあるお薬です。
もしもアドエアを使っていて体に不調を感じましたら使用を中断して直ぐにお薬を処方してくれたお医者様に相談しましょう。
咳喘息の治療には様々な方法があります。
お薬がどうしても合わないという方は他のお薬など自分にあった咳喘息の治療方法をお医者様の指示の下に行う事が最も確かです。
何かあった時は自己判断せずにすぐに専門家に相談しましょう。

スポンサーリンク