MENU

咳喘息の症状とうつる心配と処置について

スポンサーリンク

咳喘息とは気管支が何らかの原因によって炎症となっているために、咳が出る症状を言います。
咳喘息の場合は例えばインフルエンザ等のようにウイルスは発生していないために、うつる心配はありません。
そのため咳喘息の処置としては、早期に病院に行くことを推奨します。
この場合、肺や気管支に強い内科を受診するようにしましょう。
そして病院では問診やレントゲン検査等を行います。
この理由は例えば肺炎やその他の病気を併発していないかを調べるためです。
もしも肺炎を引き起こしている場合は他人にもうつるために注意が必要となります。
そして咳喘息だと判明した場合は、吸入器や点滴治療が行われます。
仮に体力が弱っている場合は入院処置となります。
この場合、うつる心配がないために内科の一般病棟となります。
この点、インフルエンザは他人にうつる場合があるために一般病棟から隔離されます。
そして咳喘息で入院中は、点滴と投薬治療による処置が行われます。
個人差がありますが1週間前後で症状が回復するでしょう。

スポンサーリンク

家族が咳喘息を発症した場合は、すぐに病院に行くことが大事です。
基本的には他人にうつる必要はありませんが、咳の症状は風邪や肺炎と同様のために、しっかりと医師に相談するようにしましょう。
またアレルギーが原因で咳喘息を発症する人がいます。
この場合、咳とくしゃみの症状が併発する場合があります。
そのためアレルギーの原因となっている埃などを掃除する処置が重要となります。
また夜間に咳を発症した場合は、様子を見てそれでも辛い症状が続くようなら緊急病院に連れて行く事が適切な処置となります。
病院に運ぶのが遅れると、呼吸困難になる可能性があるからです。
そして咳喘息はうつる可能性がありませんが、風邪と併発している場合は幼児にも風邪がうつる可能性があるために注意が必要です。
特に患者が高熱を出している場合は、風邪も併発しているために免疫力が弱い幼児は隔離させる等の処置が適切です。
また病院では症状の詳細を医師に伝えましょう。
医師がその症状に合わせて投薬治療の処置をしてくれます。

スポンサーリンク