MENU

喘息の薬による副作用には痙攣もある

スポンサーリンク

喘息の発作がでた場合、そのまま放置しておくとますます症状が悪化する場合があります。
そのため、早めに病院受診するのが得策です。
病院で処方される薬は、患者の症状や年齢、体力に合うように考えて出されるものです。
そのため、用法を正しく守って服用しなければなりません。
ただし、副作用のない薬とは存在しないものです。
用法を正しく守っていても、まれに痙攣など起こる場合があります。
患者に合った処方をされていても、やはり体質に合う合わないがあるので、痙攣などの副作用がでた場合はすぐに服用について相談する必要があります。
その場合は、別の喘息のための薬が処方されます。
安全のためには、自分で服用をやめてそのままにせず、必ず相談しましょう。

スポンサーリンク

薬の種類によって副作用が出やすい、出にくいもあります。
発作時だけの短期使用であれば問題なくても、頻繁に服用することで副作用がでやすいこともあります。
痙攣をはじめ、他の体調不良も現れる場合があります。
身体がガタガタ震えたり、呼吸がさらに粗くなったりすることもあるので、注意が必要です。
ただ、昔と比べて喘息の薬は進歩しているので、服用して体調不良に陥るリスクは大きく軽減されてきています。
なるべく服用を避けたいという場合もありますが、比較的に安心して、そして手軽に使用できるものだと言えます。
継続服用している人も、使い続けることにより症状が軽減される場合もあります。
副作用をあまり心配せずに、根気強く使用していくことが大切です。

スポンサーリンク