MENU

咳喘息の薬はいつまで服用するべきか?

スポンサーリンク

咳喘息とはその名前からも分かるように気管支の疾患で、慢性的な咳が続くという疾患の事を言います。
一般的には風邪を引いた後に発症しやすいと言われていて、風邪によって敏感になった気管支に何等かの刺激が加わる事で発症します。
風邪が治って数週間経っても咳が続く場合には、咳喘息を発症しているのではと疑ったほうが良いです。
 咳喘息が発生する原因については複数ありますが、代表的なものとしてアレルギー反応等を挙げる事が出来ます。
例えばペットの毛やダニ、ホコリ等にアレルギーを持っていると、それらに触れる事で発症する場合があるのです。
 アレルギー反応以外にも冷たい空気が刺激となったり、タバコの煙が刺激となったりして発症するケースも多いと言われています。
何が気管支に刺激となるかは人それぞれなので、発症した場合にはまず原因を突き止める事が大切になります。
この疾患はひどくなると喘息に移行してしまう事もあるので、いつまでも放置せず早めに病院を受診するのが望ましいです。

スポンサーリンク

 咳喘息を発症した場合に現れる症状に関しては咳がよく知られていて、夜中から明け方にかけて強く現れる事も多いです。
一般的な喘息のようなゼイゼイ等の喘鳴や、呼吸困難といった症状が現れる事は基本的にはないと言われています。
咳が激しく発生している時はそれに伴って、胸の痛みや嘔吐等といった症状が現れる事も少なくないです。
 咳喘息の治療方法に関しては薬物療法を行うのが一般的で、気道を広げる薬等が処方されます。
ちなみに気道を拡げる薬は咳の発作が起きた時に使う場合が多く、それ以外の時はステロイド薬を用いる事になります。
ステロイド薬には炎症を抑制する作用があるため、気管支の炎症による咳が起きないようにするのです。
 ちなみに咳喘息の薬はいつまで服用するべきかについて気にする人もいますが、このいつまで服用するかは長期に及ぶ事が多いです。
咳喘息は完治させるのが難しい疾患としても知られているため、いつまでも服用が必要な場合があります。
 この疾患のコントロールには薬の服用が欠かせないので、いつまで服用するのかについては一生になってしまう事もあるのです。
ただ、このいつまで服用するかについてはコントロールが上手くいけば、服用期間が短く出来る場合もあります。
しかし完治が難しい以上はいつでも服用出来るように、いつまでも薬を手元におく事になる場合もあります。

スポンサーリンク