MENU

咳喘息の薬であるシムビコートの副作用について

スポンサーリンク

咳喘息とはその名前からも分かるように気管支の疾患で、慢性的な咳が特徴的な疾患の事を言います。
一般的には風邪を引いた後に発症しやすいとされており、風邪で敏感になった気道に刺激が加わる事で発生します。
そのため風邪が完全に治ったにも関わらず数週間に渡って咳が続く場合は、咳喘息を発症している疑いが出てきます。
 咳喘息が発生してしまう原因は人それぞれですが、代表的なものとしてアレルギー反応を挙げる事が出来ます。
例えばペットの毛やダニ等のアレルギーの原因物質に触れる事で、体が過敏に反応して咳が発生する事があるのです。
それ以外にも冷たい空気やタバコの煙を吸ったりしても、それが気道に刺激となって発生してしまう事があります。
 咳喘息はひどくなってしまうと一般的な喘息に移行してしまう場合もあり、そうなると命に関わる可能性も出てきます。
そのため発症の疑いがある場合には出来るだけ早く病院を受診して、適切な治療を受けるのが望ましいと言えます。

スポンサーリンク

 咳喘息を発症した場合に現れる症状については病名の通りに咳が代表的で、夜中や明け方に咳が激しく現れる事もあります。
この咳が激しく現れた場合にはそれに伴って、胸の痛みや嘔吐等の症状が現れる事も少なくないです。
ちなみに一般的な喘息に見られる呼吸困難や、ゼイゼイ等の呼吸音がする喘鳴が現れる事は少ないとされています。
 咳喘息の治療に関しては薬物療法が一般的となっていて、シムビコート等の薬が処方される場合が多いです。
シムビコートは喘息の治療薬として有名で、気道の炎症を鎮めたり気道を拡げたりする作用を持っています。
咳喘息に対するシムビコートの効果は高いので、治療においては一番最初に基本として用いられる事もあります。
 シムビコートという薬は確かに高い効果を期待出来るのですが、その反面で副作用が起こる事もあるので注意が必要です。
シムビコートという薬で発生しやすい副作用については、声のかすれや喉の違和感等が挙げられます。
他にもシムビコートの副作用で口内炎が発生する場合があり、口の中に白いものが出来たら副作用の可能性があるので病院で相談するのが望ましいです。
 それ以外の副作用に関してはシムビコートという薬を服用する事で、筋力の低下や動悸等の重大な副作用が起きる事もあります。
この薬の服用でこうした重い副作用が出る事はごく稀なケースですが、もし現れた場合には素早く病院を受診する事が大切です。

スポンサーリンク