MENU

咳喘息の症状と薬の種類について解説します。

スポンサーリンク

咳喘息はハウスダストや室内外の温度差、ストレスなど様々なことが原因でアレルギー症状が出て気道が狭くなることで慢性的に咳が続く気管支の病気です。
風邪に併発して起こることが多く風邪をひいた後に2.3週間以上咳が続くようであれば咳喘息の可能性があります。
咳喘息はずっと咳が出続けるという状態ではなく断片的に咳が出ます。
この断片的な咳のでかたは咳喘息の大きな特徴です。
咳喘息は気管支喘息になる一歩手前の状態と考えられています。
気管支喘息のような息苦しい呼吸や粘りの強い痰はみられず風邪と思われてしまうような症状であるため風邪が長引いてるから咳が続いているのだろうと様々な種類の風邪薬や咳止めを服用しがちですが咳喘息にはあまり効果はありません。
風邪から咳が止まらなくなり、咳喘息となって時間が経つことでそれが悪化し気管支喘息になってしまうというパターンが非常に多いのです。
喘息はもともとアレルギーのある人や女性に多い傾向があるとも考えられています。

スポンサーリンク

咳喘息の薬には色々と種類がありますが気道が極端に狭くなることで症状がでるので気管支を広げる気管支拡張薬が一番効果があります。
この薬の種類は豊富で飲むものや貼るもの、吸引するものがあり症状にあった薬を使うことで改善も早く治癒するのにも時間がかかりません。
またアレルギーによる症状と気道が狭くなっての症状が同時に出てしまっている場合はステロイドと気道拡張薬の2つの種類を調合したものが処方されます。
2つの種類の薬を同時に服用するので効力は強めですが副作用は心配なく安心して飲めるように改良されています。
服用を続けることで症状はすぐに治まりますが症状が治まってもすぐに服用を中断してはいけません。
再発の原因となってしまいます。
次に同じ種類の薬を服用しても免疫がついているため治りが遅くなったり、さらに強い種類のものに変更しなければならないかもしれません。
副作用が心配になり安心して服用することができなくなってしまいます。
処方された薬はきちんと飲みきってしまうことが治療するうえで重要なのです。

スポンサーリンク