MENU

咳喘息で黄色の痰の症状が発生する原因とは?

スポンサーリンク

咳喘息とはその名前からも分かるように気管支の疾患の一種で、慢性的な咳の症状が現れます。
風邪で咳の症状が発生して気管支が敏感になり、そこに何等かの刺激が加えられる事で発症する事が多いと言われています。
一般的には風邪を引いた後等に発症するケースが多く、風邪が治ってから数週間経っても収まらない場合は発症を疑ったほうが良いです。
 咳喘息が発生する原因については複数あり、代表的な原因としてはアレルギー反応や受動喫煙等が挙げられます。
前者のアレルギー反応に関しては例えばペットの毛やダニ、ホコリ等がアレルギーの原因物質となります。
 それ以外にも飲酒やストレスの蓄積、冷たい空気等が原因となるケースもあるので注意する必要があります。
 咳喘息を発症した時に現れる症状については咳以外にも、喘鳴という独特の呼吸音が発生する場合も少なくないです。
喘鳴とは気管支喘息の患者が発作を起こした時に現れる症状で、呼吸をする際にゼイゼイやヒューヒューといった音が発生します。

スポンサーリンク

 ちなみに咳喘息を発症していて黄色い痰が出るという症状が現れる事がありますが、この黄色の痰は細菌が原因の場合が多いです。
前述したように咳喘息は様々な事が原因となって発症しますが、その一つに細菌感染を挙げる事が出来ます。
気管支に細菌が感染する事で炎症を起こして、それが咳喘息に繋がってしまうというものです。
 この細菌感染が原因の場合には発生する痰に細菌等が混じるので、それが原因となって痰全体が黄色くなる事があります。
ちなみに細菌感染以外で痰の症状がある場合は、痰は黄色ではなく白色や無色透明の場合が多いと言われています。
 もしも慢性的な咳と痰の症状があってその色が黄色の場合には、細菌感染による咳喘息を疑ったほうが良いです。
 黄色の痰が出ている場合の咳喘息の治療に関しては、根本的に治すには抗菌薬等が効果を発揮してくれる場合があります。
それ以外にも細菌が混じった黄色の痰は体外へ排出した方が良いので、水分を充分に摂って出来るだけ出すようにします。

スポンサーリンク