MENU

気管支炎で息苦しい場合の対処方法について

スポンサーリンク

気管支炎とはその名前からも分かるように、何等かの理由で気管支に炎症が起きてしまうという疾患になります。
気管支とは口や鼻から入った空気を肺まで届ける役割があり、簡単に言うと空気の通り道となる部分です。
また気管支には口や鼻から入った異物を体外へ排出する働きもあり、異物を痰で絡め取って除去したりもします。
 この気管支に炎症が起きてしまう原因については、代表的なものとして微生物の付着を挙げる事が出来ます。
上記したように気管支は体外からの異物の侵入を防ぐ役割がありますが、それは逆を言えば気管支自体は異物が付着しやすいという事になります。
そのため微生物等も付着しやすい環境にあるため、そうした微生物等の付着により炎症が起きてしまう事もあるのです。
 微生物以外の原因としては喫煙や大気汚染の汚染物質の付着、喘息等が原因となって発生する場合もあります。
 気管支炎を発症した場合に現れる症状としては咳や痰の発生、発熱等がよく知られています。
他にも息苦しいといった症状が現れる事もあり、症状全般が肺炎に似ているという特徴があります。

スポンサーリンク

 気管支炎を発症した場合の治療方法については特効薬がないので、対症療法で対応するのが一般的となっています。
現れている症状を薬等で緩和しながら、本人の抵抗力で治していくという方法になります。
ちなみに気管支炎の治療で用いられる薬としては、炎症や咳を鎮める薬や痰を出させる薬等が挙げられます。
 また前述したように気管支炎では息苦しいという症状も少なくなく、つらい思いをしている人も多くいます。
息苦しいという症状はひどくなると生活に支障をきたす場合もあるため、きちんとした対処方法を知っておく事が大切です。
 気管支炎で息苦しいという症状がある場合の対処方法としては、首や胸を温めるのが効果的な対処方法となります。
具体的には暖かな蒸しタオルを当てたり、湯船にゆっくりと浸かったりするのが正しい対処方法だと言えます。
 ただし首や胸を温めるという対処方法はあくまでも、息苦しいの緩和するための一時的な対処方法になります。
そのためこの対処方法には根本的に気管支炎を治す事は出来ないので、息苦しいのが続く場合には早めの病院受診が望ましいです。
病院では気管支を拡張する薬等を処方してくれるので、この薬を用いる事で息苦しいという症状は緩和されます。

スポンサーリンク