MENU

気管支炎で色のない透明な痰の症状がある場合について

スポンサーリンク

気管支炎とはその名前からも分かるように気管支の疾患の一種で、何等かの理由で気管支に炎症が起こるという疾患になります。
気管支とは鼻や口から入った空気を肺まで届ける部分の事で、簡単に言うと空気の通り道という事です。
気管支は空気の通り道である以外にも、口等から侵入した異物を体外へ除去するという役割も担っています。
そのため気管支の内側の表面は線毛と呼ばれる細かな毛で覆われており、この線毛で侵入してきた異物を絡め取るのです。
 気管支炎が発生する原因については複数考えられますが、代表的なものとしてウイルス感染が挙げられます。
インフルエンザに代表されるウイルスが気管支に付着し増殖する事で、気管支に炎症が起きてしまう事があるのです。
 ウイルス感染以外の原因としては細菌やマイコプラズマ等の感染、アレルギー反応等を挙げる事が出来ます。
気管支炎で咳の症状が現れたりすると著しく体力を消耗するので、出来るだけ早めに病院を受診するのが望ましいです。

スポンサーリンク

 気管支炎を発症した場合に現れる症状に関しては咳や痰の発生、人によっては発熱の症状が現れる事もあります。
これらの症状は肺炎でもよく見られる症状で素人では判断が難しいため、病院で検査を受けて診断してもらう事が大切になります。
 ちなみに気管支炎を発症した場合に現れる痰の症状について、痰の色が人によって違う場合があります。
この気管支炎の症状で現われる痰の色については、気管支炎の発症原因によって異なると言われています。
例えば痰が黄色等ならば細菌感染が原因ですし、色がない透明な痰の場合にはアレルギーが考えられます。
 原因がアレルギーの場合に透明になるのは、その中に細菌の死骸等が含まれていないため無色透明になるのです。
この無色透明のように痰の色で原因が判断出来る場合もあるので、痰に色があるのかそれとも透明なのか等を確認するのは非常に有効だと言えます。
もしも黄色等ではなく透明な場合にはペットの毛やダニ等、ハウスダストが原因の気管支炎の可能性が高いです。
また痰が透明で息苦しさがあり喘鳴も確認出来る場合には、気管支喘息を発症している疑いが出てきます。
 気管支炎は疾患を根本的に治す薬がないので、対症療法で対応をしていくのが一般的な方法となっています。
例えば咳や炎症等を鎮める薬を処方して症状を緩和させて、本人の抵抗力で治していくという方法になります。

スポンサーリンク