MENU

気管支喘息の治療と一秒率について

スポンサーリンク

気管支喘息という病気がありますが、これは子どもの発症が多い非常に身近な病気となっています。
子どもの中で何人もこの病気に悩まされていると言うことも珍しいことではありません。
したがって気管支喘息に関しては、治療法が全くないということはありません。
しっかりと治療方法が確立されているという特徴があります。
気管支喘息では、気管支の状態をしっかりと測定し、ここで症状を把握することが治療につながります。
また気管支喘息ではしっかりと検査を行うことで、症状をコントロールすることができるようになっています。
ここで大切になるのは症状の判断となります。
症状を判断するときの基準の一つとして一秒率と呼ばれるものがあります。
一秒率とはどのような特徴があるのかというと、自分ができるだけ息を吸い込んだ後に、その息を思いっきり吐き出すという測定方法となります。
このはき出しの最初の一秒で、全体の何割を吐き出すことができたのか数字で表すようになっています。
これは治療の際の目安となっています。

スポンサーリンク

気管支喘息の測定では、息をどれだけ吐き出すことができたのかを数字で表すことができるのが、一秒率となっています。
一秒率には目安があります。
正常な場合の一秒率は、70パーセントと言うようになっています。
しかしこの数字よりも低いと言うことになれば、気管支が狭窄して気管支炎の状態であると判断することができます。
気管支喘息の指標の一つとなっている一秒率では、ここで表される数字が低ければそれだけ、狭窄している可能性が高いと言うようになっています。
したがって治療が必要であると判断されるようになっています。
一秒率は非常に簡単に測定をすることができます。
大人だけではなく子どもでも測定をすることができます。
子どもは症状を上手に伝えることができないので、治療が必要かどうかの目安になります。
一秒率の測定装置は、自宅でも使える簡易なものもあります。
したがって自宅での状態を把握する際に非常に便利です。
自宅で病態を把握することができるので、気管支喘息の発作が発生したときにも適切な治療ができます。

スポンサーリンク