MENU

小児の気管支喘息の発作時の対応方法について

スポンサーリンク

気管支喘息は激しい咳が特徴です。
小児も発症する病気です。
小児は体力がないために、気管支喘息で体力が奪われるためにしっかりとした対処方法が求められます。
気管支喘息の原因にはアレルギーや体質など様々な事が考えられますが、小児が発作を引き起こした時はすぐに病院に連れていくことが大事です。
発作時の状態を放置してしまうと、呼吸困難になるケースがあるために注意が必要です。
受診する病院は呼吸器科か小児科になります。
病院では問診を行って、そして発作時には吸入治療による対応が行われます。
吸入を20分前後行うことによって、気管支喘息の症状が緩和されるケースが多いです。
小児がもしも体力が弱っている場合は点滴治療や入院処置が行われます。
血液検査によって気管支喘息の原因を究明するケースもあります。
夜間に小児に発作を引き起こした場合は、救急病院に行くなどの対応をすることを推奨します。
この場合、横になる体勢が辛そうな場合は壁に寄りかかる等の体勢をさせる方法があります。
楽な体勢によって咳の症状が緩和する事があります。
発作時には安静にさせることが重要な対処方法となります。

スポンサーリンク

小児が気管支喘息を引き起こした場合は、発作時の症状によって対応が変わります。
咳が激しく長時間続く場合は、早急に病院に連れて行く事が適切な対応となります。
なぜなら喘息は放置していたら、症状が悪化するケースがあるからです。
また喘息は他人に感染する心配はないために、隔離させる等の対応は必要ありません。
もっとも高熱が発症している場合は、インフルエンザ等の他の病気も併発している可能性があるために、この場合は隔離する等の対応が必要です。
気管支喘息は投薬治療による治療方法が一般的です。
薬を飲むことによって発作時の症状が緩和されたり、発作を防止することが出来ます。
小児が激しい咳によって吐き気を引き起こす場合があるために、看病の際は目を離さない事が適切な対応となります。
発作時に無理をさせない事が大事です。
幼稚園は休ませるなどの対応方法が良いでしょう。
また病院から簡易の吸入器を処方して貰った場合は、それを使用することも適切な対応方法です。
もっとも使用方法に制限がある場合があるために、発作時の症状を見極めて吸入器を使用すことが大事です。

スポンサーリンク