MENU

気管支喘息のチアノーゼの症状と対処方法

スポンサーリンク

気管支喘息は子どもに多い病気となっています。
気管支喘息とはどのような病気となっているのかというと、空気の通り道となっている気管や気管支が過敏な状態となっています。
したがって少しの刺激でも発作的に呼吸困難の症状を引き起こすようになっています。
なぜこのように少しの刺激にも過敏となってしまうのかというと、その現はアレルギーや自律神経の乱れなどが考えられています。
このように気管や気管支に刺激が加わると、気管支が収縮して内側の粘膜が狭くなってしまいます。
これによって気管支の内部の粘膜が狭くなるという症状が現れます。
それと同時に呼吸困難の症状が現れるようになっています。
これが気管支喘息の大きな特徴となっています。
したがって適切な対処方法が必要となります。
気管支喘息には特徴的な呼吸音があります。
それはゼイゼイやヒュウヒュウというような音を確認することができます。
気管支喘息の発作の症状に関しては、日中よりも夜中に発生することが多くなっています。
症状が悪化するとチアノーゼが見られることもあります。

スポンサーリンク

気管支喘息の発作の症状は、何の前触れもなく発生するというのが特徴で、しっかりとした対処方法を行う必要があります。
このような症状が発生しているときには非常に呼吸が苦しくなっています。
気管支喘息では横になっていると症状が悪化することがあるので、できれば座って胸の前にテーブルを置いて、その上にうつぶせになるという対処方法が効果的です。
これは起座呼吸という対処方法となっています。
また咳や痰の症状も見られます。
発作が発生しているときには薬で改善することがありますが、薬などの対処方法を行っても効果がないこともあります。
その結果チアノーゼ状態になります。
重積発作ではチアノーゼ状態になる可能性が高いです。
チアノーゼとは皮膚が青黒くなるのが特徴です。
気管支喘息では薬の効果がないときにチアノーゼ状態となることがあるので、この場合はすぐに救急車を呼ぶなどの対処方法が必要です。
チアノーゼ状態で意識不明などが見られるときには、すぐにかかりつけの病院を受診するようにします。
気管支喘息はいつ発症するかわかりません。
しかしチアノーゼ状態になっても慌てることなく冷静に対処方法を行うことが必要です。

スポンサーリンク