MENU

子供の咳喘息は何科を受診するべきかについて?

スポンサーリンク

咳喘息とはその名前からも分かるように気管支の疾患で、慢性的な咳が続くという疾患になります。
一般的には風邪を引いた後に発症しやすいとされていて、大人のみならず子供に発生する事も珍しくないです。
風邪を引いた事によって敏感になった気道に、何等かの刺激が加わる事で発症してしまうケースが多いとされています。
もしも風邪が完治してから数週間経過しても咳が収まらない場合には、咳喘息になっている疑いがあります。
 咳喘息を引き起こす原因については複数考えられますが、代表的なものとしてアレルギーを挙げる事が出来ます。
例えばペットの毛やダニ等といったアレルギーの原因物質に触れると、それに体が過剰に反応して咳の症状が現れる事があるのです。
 それ以外にも冷たい空気やタバコの煙を吸い込むと、それが原因となって咳喘息を発症してしまう事もあります。
この疾患は放置を続けると悪化して喘息に移行する場合もあるため、出来るだけ早く病院を受診して治療を受けるのが望ましいです。

スポンサーリンク

 咳喘息を発症した場合に現れる症状については病名にある通りに咳が有名で、夜中や明け方等にひどくなる場合も多いです。
この咳が激しい場合にはそれに伴って、胸の痛みや嘔吐等といった症状が現れる場合もあります。
 ちなみに一般的な喘息に見られるような呼吸困難や、喘鳴と呼ばれる独特の呼吸音が発生する事は基本的にはないです。
 前述したように咳喘息を発症した疑いがある場合には、出来るだけ早く病院を受診するのが理想的だと言えます。
ただしその患者が子供だった場合、病院の何科を受診するべきかで迷ってしまうという人も少なくないです。
子供の咳喘息は何科の受診が良いか迷っていると、その間にも子供の状態は悪化していくので注意が必要だと言えます。
実際に子供が発症した時に慌てないためにも、あらかじめ何科を受診するべきか覚えておくと役立ちます。
 子供が咳喘息を発症した場合に病院の何科を受診するべきかについては、呼吸器科を受診するのが最良となっています。
呼吸器科ならば喘息は専門分野なので、何科を受診するべきか迷ったら呼吸器科を訪れるのが正解です。
 また近くに呼吸器科の病院がない場合には、呼吸器科以外で何科を受診するべきか迷う事もあります。
こういった場合に何科が良いかについては、内科や子供なので小児科等でも対応してもらう事が可能です。

スポンサーリンク