MENU

小児喘息に使用されるシングレアの治療効果や作用について

スポンサーリンク

小児喘息は大変つらい病気です。
大人の喘息もつらいですが、小児喘息は見ていてもかわいそうなくらい苦しみます。
小児喘息の原因はアレルゲンと接触することで炎症反応が起こり喘息発作が引き起こされるアトピー型といわれる場合と、アレルゲンの特定ができませんが、喘息発作が発症してしまう非アトピー型があります。
アトピー型においては、体内でIgE抗体が作られます。
このIgE抗体が元になり炎症反応を引き起こされて、気管支の激しい収縮によって喘息が発症します。
アトピー型のアレルゲンにはいろいろなものがあります。
吸引性のアレルゲンは、室内のホコリやダニなど、食事性アレルゲンは、小学校などで問題になる卵やソバなど、過敏な子供ではお米や小麦でのアレルギー反応を示す場合もあります。
非アレルギー型では、特定のアレルゲンではなく何かしらの刺激によって起きる事が多く、たばこの煙、排ガス、気温や湿度の急激な変化、過労やストレス、薬を服用した際における薬剤アレルギー的な効果、風邪等の細菌やウイルスが原因になる場合があると言われています。

スポンサーリンク

昨今のアレルギー性鼻炎や小児喘息の緩和のための治療薬として効果が高い薬としてシングレアがあります。
この治療薬のシングレアですが、体内物質のロイコトリエンの作用を抑える事を目的として使用され、アレルギー症状の改善に効果があります。
気管支の収縮や鼻水や鼻づまりなどのアレルギー症状に関係しているのが、ロイコトリエンと言われる体内物質の作用が関係しており、気管支や鼻の粘膜の壁細胞と呼ばれる場所に受容体があり、ここにロイコトリエンがくっ付くことによりアレルギー症状が引き起こされます。
治療薬のシングレアはロイコトリエン受容体にくっついて作用をブロックする効果があります。
シングレアで治療するとロイコトリエンをブロックする効果により、小児喘息症状やアレルギー症状などを軽減や改善させる作用があります。
シングレアは予防薬としての治療効果が高いために、1日1回の就寝前の服用が基本になります(発作を止める効果はありません)。
1歳以上の小児喘息から治療薬として処方されるために錠剤・細粒・チュアブル錠もあります。
小児喘息の治療に使われるシングレアは副作用が少ない薬です。
まれに作用時において副作用が発生し、下痢、腹痛、吐き気が出現する事があります。
もしもシングレア服用時において副作用が発生した場合は、使用を中止しすぐに医療機関を受診しましょう。

スポンサーリンク