MENU

「asd」が原因となって発生する心臓喘息の症状等について

スポンサーリンク

心臓喘息とは急性心不全と呼ばれる事もある疾患で、その名の通りに心臓に関わる疾患の事を言います。
心臓は全身に血液を送るポンプとしての役割を主に担っており、常に休む事なく動き続けています。
しかし何等かの理由によってこのポンプの役割が低下する場合があり、これが急速に悪化して全身への血液供給が滞るのが心臓喘息になります。
 心臓喘息が発生する原因については複数ありますが、急性心筋梗塞等に代表される虚血性心疾患が原因で発生する事が多いです。
それ以外にも拡張型心筋症や甲状腺機能亢進症、asd等が原因となって発生してしまうケースも少なくないとされています。
 asdとは心房中隔欠損症と呼ばれる疾患の事で、右心房と左心房の間の筋肉の壁に穴が開いているという疾患になります。
asdは後天的な原因で発生する事は基本的にはなく、ほとんどが生まれつきの先天的な原因で発生しています。
 asdになると血液に乗って全身に送られる酸素の量が減少するので、それが原因でasdになると呼吸困難を起こしやすくなります。
このasdが原因で起こる呼吸困難が気管支喘息の症状と似ている事から、asdによる呼吸困難を心臓喘息と呼ぶのです。

スポンサーリンク

 心臓喘息を発症した場合に現れる症状としては前述したように、呼吸困難の症状がよく知られています。
呼吸困難の症状が発生すると唇が紫色になったり、呼吸困難とともに咳や痰等の症状が現れたりします。
他にも手足が冷たくなったり全身に冷や汗をかいたりといった症状等もあり、これらの症状が急速に悪化していくのが特徴となっています。
ちなみに呼吸困難の症状は上半身を起こすと楽になり、仰向けになると逆に悪化すると言われています。
  また心臓喘息になると喘鳴という呼吸音が現れるのも特徴の一つとなっていて、ゼイゼイ等の独特の呼吸音がします。
 心臓喘息を発症した場合の治療方法としては、まずは上半身を起こした姿勢を維持して酸素吸入や薬物療法等が行われます。
この時に用いられる薬は強心薬や血管拡張薬等で、患者の状態等を見ながら投与をしていきます。
 ちなみに状態が重い場合には気管内挿管や人工呼吸が必要になる事もあるので、一刻も早く病院を受診する事が大切です。

スポンサーリンク