MENU

副鼻腔炎にかかり咳をした場合はうつるんでしょうか?

スポンサーリンク

副鼻腔炎にかかると咳がうつるのかを説明する前に風邪との違いを比較してみましょう。
風邪を引いてしまうと夜間に高熱が発生してしまいます。
関節の節々にも痛みが生じるのです。
体がだるくなり次第に咳をする回数が増えます。
感染型なので、咳をするとうつる可能性が高いかもしれません。
一方、副鼻腔炎も風邪と同じ感染型になります。
ただし、日ごろから溜めているストレスが増える事によって発症するのです。
とめどなく咳が出るとしても決してうつる事はありません。
副鼻腔炎は空気中を飛んでいるホコリを吸う事で引き起こすだけなので咳が出ても大した症状ではないです。
副鼻腔炎は他の症例と違って二次感染やパンデミックが起きる事も外出先で咳をしてもうつる事が無いという特徴を持っています。
副鼻腔炎は咳をする以外にも常に鼻水が出てしまうでしょう。
ですが、鼻水もうつる事はないです。
うつる心配はないので苦しめずに済みます。
診療しなくても安静にしていれば自然に治るでしょう。

スポンサーリンク

うつる事が無いからと言って油断してはいけません。
副鼻腔炎は症状が軽いと言っても病気の一種です。
うつらなくても何が起こるか分からないので近づかないようにするなどの最低限のマナーは守りましょう。
うつらないのは通常の副鼻腔炎の場合です。
副鼻腔炎には、急性というものがあります。
急性副鼻腔炎にかかってしまうと咳がうつってしまう可能性があるかもしれません。
通常時が0パーセントなら急性が90パーセントです。
つまり、ほとんどの確率でうつると言っても良いでしょう。
急性はどのような経路をたどって発症するかというと空気感染が多いです。
体内にホコリが入り込んでしまうと大切な機能に作用して引き起こします。
急性の感染経路は空気中だけではありません。
院内感染でかかってしまうという事も十分にあり得るのです。
鼻腔の治療が必要です。
対処方法として挙げられるのが外出から帰宅した時に毎日欠かさず手洗いやうがいを行います。
冬場になると厚着をするのも良いでしょう。

スポンサーリンク