MENU

喘息の症状や錠剤などの喘息の薬の種類について

スポンサーリンク

喘息持ちだったり喘息持ちの人が周りに居たりすると思います。
そこで、喘息がおこる原因の種類と症状が何なのか説明していきます。
原因の種類ですが、喘息もちの人は症状のないときも気道が炎症をおこしていて、空気が通りにくいほど気道が狭くなっています。
気道が狭いことから、わずかな「ホコリ」や「ストレス」や「タバコ」などの刺激でも発作がおこります。
喘息の発作がおきると息苦しかったり呼吸時にヒューヒューと音がなったりします。
喘息は夜や早朝などに出やすく、季節の変わり目や天気が悪いときなども影響します。
症状も4段階に分けられていて、「軽症間欠型・軽症持続型・中等症持続型・重症持続型」の4つです。
「軽症間欠型」は症状が週一回未満で軽度で短く、「軽症持続型」は症状が週一で起き月一回以上睡眠などが妨げられ、「中等症持続型」は症状が起き毎日で週一回以上睡眠などが妨げられ、「重症持続型」は症状が毎日起き日常生活にかなりの影響がでます。

スポンサーリンク

喘息になったとき治療で薬などを利用しますが、種類も錠剤や吸引タイプなど様々です。
薬はどんな種類があるのかこれから説明していきます。
吸引タイプの薬は長期間使用することで錠剤などに比べると使用量も少なく副作用があまり起こらない薬です。
内服薬では錠剤や貼付薬などご自身に一番合ったものを選択できます。
錠剤は気道炎症を抑えたり気管支を拡げる効果などの種類があります。
咳止めなどの錠剤は市販薬でもあり、病院に行かなくても手に入れることができます。
ですが、市販薬の錠剤が効かなかったり悪化することもあるので病院に行かれるのが適切です。
シールタイプは子供や大人でも使えるので喘息や気管支炎などの治療に使用されています。
錠剤や吸引タイプなどの薬の種類を説明してきましたが、赤ちゃんや妊婦への投与は慎重にならないといけないので医師に相談しなければいけません。
自己判断で治そうとはせず、まずは病院へ行き自身に合った種類の治療法を受けることが大切です。

スポンサーリンク