MENU

息苦しい喘息の応急処置

スポンサーリンク

喘息というものは、年代関係なく終わりがない病気かと思います。
小さいときからかかるので、風邪と勘違いすることもあるでしょう。
息苦しい思いがほとんどで、応急処置として病院に行って薬をもらって治すのが1番いい方法です。
でも、また時期がくれば喘息は起きてしまいます。
暑い時期や寒い時期になるより、季節の変わり目に喘息の発作が起きることが多いです。
風邪からはじまり、咳がひどくなって息がしにくくなるのが喘息です。
息苦しいので、特に寝るときは咳がたくさん出て寝れないこともあります。
咳が出て、気管支も傷つけることもあるので、咳がひどく寝れない日々が多い場合は、やはり応急処置として病院に行って治療するのが先決かと思います。

スポンサーリンク

病院に行くと、薬ももらえますが、吸入器で息を吸わせてマシにさせる方法があります。
家で同じ方法でやるには、やかんのお湯の湯気を吸うと息苦しいのもなくなります。
あとお風呂の湯気も同じです。
あと胸にシールを貼るタイプもあります。
これはシールを貼ることによって咳を抑える効果があるようです。
あとは、薬ではありませんが、スポーツをやると症状もなくなります。
結構ハードなスポーツのほうが鍛えられていいです。
余計悪化するかと思われますが、これが1番応急処置としてはいい方法かと思います。
もちろん薬も併用してが1番確実です。
すごく息苦しいというのが喘息ですが、一時的によくなっても季節の変わり目にまた苦しくなることもありますが、うまく付き合っていけるように工夫してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク