MENU

喘息で出る痰の色は?

スポンサーリンク

痰とうのは、病気の種類や、体の症状を理解するために、欠かせないもののひとつですが、今回はこの痰によってどのような事がわかるかについて説明をしたいと思います。
まず、はじめに痰の色が「白、黄色」のような状態の場合で考えられることに付いてですが、
気管支炎の可能性が考えられます。
主に、ウイルスが原因で起こるものが多く、風邪や、インフルエンザと言うものが上記の色に該当することが多いです。
続いてが肺炎です。
肺炎は、喘息と同じように咳が続く症状を持つ病気です。
こちらでは黄色に近い色の痰が出ることが多いです。
微慢性気管支炎も同じく、喘息とおなじような咳がでる病気のひとつです。
こちらは気管支と肺を繋ぐ部分で、炎症がおこることで発症します。
こちらは、濃い黄色の痰が特徴です。
続いては蓄膿症になります。

スポンサーリンク

蓄膿は、鼻の副鼻腔に鼻水が溜まることで起こる病気ですが、鼻水や鼻づまりが症状として起こります。
この場合には、黄色の鼻水が出るのとともに、膿みがまじっている場合があります。
色が濃く、茶色の場合には、慢性の気管支炎の可能性が高いです。
また、症状が重い、気管支の病気に感染している場合にはこのような茶色の痰が出ます。
この様な場合には喉にも強い症状が出ている可能性が高いので、医療機関での診察はもちろん、早期の治療を行う必要があります。
透明の場合にはどのような病気が考えられるのでしょうか?
この場合には、細菌が原因で或ことは少なく、アレルギーが原因や、一部のウイルスが原因の場合には、透明の痰が出ることがあります。
続いてが気管支喘息になります。
こちらは、激しい咳が突発的に出る他に、気管が狭くなることで呼吸困難が起こります。
この場合も、透明の痰が出ることがほとんどです。
喘息の方で痰の色に変化が起こった場合には、他の病気を併発していることが多くあります。
早期にこのサインに気づくことで症状の緩和が出来ますので喘息の悪化を防ぐためにも、医療機関での診察を行うようにしてください。

スポンサーリンク