MENU

喘息性気管支炎ってうつるものなの!?

スポンサーリンク

皆さん、喘息の種類の中に、喘息性気管支炎という物があるのをご存知でしょうか?
特にこちらの病気に関して、移るのでないか?という疑問があるのですが、こんかいは、この喘息性気管支炎について説明をしたいと思います。
喘息の種類と文頭で書いておりますが、具体的にいうと、この喘息性気管支炎というのは喘息ではありません。
本来の名前というのは「急性気管支炎」と呼ばれているものです。
この病気というのは、喘息に症状が似ていることから、このような名前になっているのですが、実際のところは、気管支炎のため喘息のように発作が続くということはありません。

スポンサーリンク

特に、子供が多く発症するのですが、こちらは風邪が原因で発生することが多いです。
特に子供の場合には、気管支が弱いと言うこともあり、慢性化になりやすいという傾向もあります。
また、発熱や、だるさと行ったものもなく、食欲なども異常がないが、咳だけが継続してい続いている場合にはこの喘息性気管支炎が原因の場合があります。
時折、熱が出ることがあります。また、夜になると咳が多発するという傾向にあり、あまりひどい発作の時は吐くこともあります。
しかし、喘息ほどの心配はあまり必要ないかもしれません。
また、一番気になることで「うつる(感染する)」という疑問に関してですが、こちらは人にうつると言うことはありません。
しかし、風邪が原因で起こると言うこともあるので、この際に細菌やインフルエンザといったウイルスが原因の際に、完全に完治していない状況でこの気管支炎が発生した場合には、周囲に細菌、ウイルスを拡散していることになりますので、この場合には、他者に感染するという事がありえます。
また原因としてアレルギー物質や肺炎の可能性も考えられるので、咳が長い期間続く場合には、医療機関ではっきりと病気について検査を行うようにしてください。

スポンサーリンク