MENU

「アスピリン喘息」と アセトアミノフェンなど解熱鎮痛剤の関係とは!?

スポンサーリンク

今回は、「アスピリン喘息と鎮痛剤(アセトアミノフェン)の関係」について説明をしていきたいと思います。
まずは、このアスピリン喘息というものがどういったものなのかご存じではない方も多いかとおもいますので、この「アスピリン喘息」ってどんな喘息なのか?これについて説明をしてきたいと思います。
喘息というと、咳がでる病気で命に関わる病気であるというのはご存じであると思います。
基本的には、アレルギーなどによって引き起こされるのが喘息です。
この喘息というのは、いろいろな原因によって引き起こされるものです。
アスピリン喘息というのは、このいろいろな原因により起こる喘息に1つの種類になります。
そして、この原因というのが「解熱鎮痛薬」になるんです。
「アスピリン喘息」というのは、解熱鎮痛薬の服用によって引き起こされる副作用になります。
症状の特徴として、「急激な喘息発作と鼻づまり」これが薬に対しての過敏症・アレルギー反応となっているわけです。

スポンサーリンク

原因となる解熱鎮痛薬となるのが「アスピリン、カロナール(アセトアミノフェン)、ロキソニン(ロキソプロフェン)、ボルタレン(ジクロフェナク)」といった解熱鎮痛作用を持つ薬のほとんどで起こる可能性があります
また、内服薬以外でも、湿布や貼り薬、塗り薬、目薬でも起こることがあります。
特に、ロキソニンやボルタレンというのは、解熱作用よりも、鎮痛剤としても有名ではないかと思います。
ちょっとした痛み止めで、気軽に使用出ることから、多くの方が使用しています。
また、市販薬としても販売されているため、気軽に購入できるものでもあります。
しかしながら、気軽な分、使用していくことで喘息のリスクも上がるということがありますので注意が必要です。
症状が起こるまでにはたいてい、解熱鎮痛薬を使って1時間以内の喘息と鼻の症状が起こります。
服用もしくは使用後の1時間以内にこのような症状がある場合には、自分自身もしくはご家族のアレルギー反応である可能性を疑ってみるようにしてください。
また、薬の副作用である可能性もありますので、こういった症状がみられる場合には、使用を中断して、医療機関で相談してみるといいかと思います。

スポンサーリンク