MENU

子供が「喘息性気管支炎」これはどういう病気なの!?

スポンサーリンク

子供というのは、抵抗力や体力が大人に比べて未熟なため、様々な病気に悩まされることがあります。
このため、親として子供の病気の心配をする場面というのは、多いかと思います。
自分の子供が病気になったとあれば、親としても苦しい限りではないかと思います。
また、喘息のように咳が発作のようにおこる症状では悲しいし変わってあげたいという気持ちが起こるのではないでしょうか?
今回は、「気管支炎喘息」について説明をしていきたいと思います。
まずは喘息様気管支炎とはどういったものなのかについてふれていきたいと思います。
この気管支炎喘息というのは、気管支炎の一種になります。

スポンサーリンク

皆さんも経験のある、風邪のウイルスといった病原菌に感染することで、気管支が炎症を起こし、粘膜が腫れあがります。
この際に、気管支が収縮している状態の場合もあり、呼吸をする際に、ヒューヒュー、ゼーゼーというような音が聞こえます。
また収縮している場所により、音が違い、それなりに広い場所はゼーゼー、細い気管から出る音はヒューヒューと聞こえます。
痰などの内分泌液が喉に詰まるのを防ぐために、咳をして排出するのですが、この際に、はいてしまう方もいます。
また小さい赤ちゃんではミルクなど飲めなくなり、入院が必要な場合もあります。
原因となるのが、風邪やマイコプラズマ(肺炎の原因)、クラメジアといったものが原因であることが多いです。
またアレルギーが要因のこともあり、アレルギーをお持ちの子どもが起こしやすいと考えられます。
治療に関しては、「去痰剤、気管支拡張剤」を使用します。
咳止めはあまり強いものは使用しません。これは咳を止めることで痰の排出する力が低下してしまうことがあるためです。
症状が重度化している場合には入院を必要とします。
これは、子供だけではなく、大人でも十分に起こる病気です。
またアレルギーが原因である場合には、自身のアレルギーがいったいなんなのか?ということをしっかりと把握しておくことが重要になります。

スポンサーリンク