MENU

「喘息の発作時」に薬がない!?対処方法ってあるの?

スポンサーリンク

喘息というのは、咳が発作的に出るものです。
ちょっとした塵、埃、などで出ることもあれば、ストレスなどが原因ということもあります。
さてそんな時に使用するのが、咳発作止める治療薬になるのですが、場合によっては、この気管支拡張剤などがなくなってしまっているという場合もあるかもしれません。
今回は、このような場合の対処について説明をしてきたいと思います。
喘息は、症状がひどい場合には、気管支が縮小することがあり、この場合には、喉から音が出ることがあり、発作の激しい咳から、呼吸が苦しいといった症状が起こります。
音が喉から出たり、激しい咳、呼吸が苦しくなるといった症状がみられます。これらの症状は、呼吸のときに空気が通る気道が炎症を起こして狭くなり、空気が通りにくくなっているために起こります。炎症が起こっている気道はとても敏感になっていて、ホコリ、タバコ、ストレスなどの普段はなんともない刺激で発作が起きてしまいます。
薬のない場合の対処法としては、「喉の湿度を上げる」「喉をあっためる」「痰を排出する」といったことになるかと思います。
しかし、これは、ほんの一時的なごまかしでしかありません。

スポンサーリンク

また、これで必ず症状が改善するとは限らないということがあります。
喘息というのは、最悪の場合には命を落とすということがある疾患です。
しかし、我々特に日本人というのは、死に対する意識が薄いいわれています。
それは、実際に、喘息が命に関わるといった病気ですが、それをしっかりと受け取っていないという方が多いということがあります。
そして、急激に症状が悪化したり、症状が深刻化してから病院で対処をするという方も意外と多いことがあります。
これで、命を落とすというケースもないわけではありません。
喘息の場合には、喉の温める、そして、湿度を上げてあげるということが主な自分たちで可能な対策になるかと思います。
またいつ症状が悪化するかわからないということや、発作が起こった場所がアレルギーを引き起こしている場所である場合もありますので、日中、夜間を関係なしに医療機関に異郷にしてください。
また個人で医療機関に行けない場合には救急を呼ぶという方法もあります。
遠慮して自分の命を危機にさらすよりもしっかりと治療をしてもらうようにしてください。

スポンサーリンク