MENU

喘息の呼吸が「息苦しい」対処法ってあるのかな?

スポンサーリンク

喘息の発作というのは、状況により急に起こること場合があります。
自分の予期せぬ場合に起こることがあり、出かけ先などで症状が起こることもあったりします。
このような状況というのは、珍しくないのが喘息の症状ですが、喘息の場合には命を落とす可能性もあるので、緊急に対策を行う必要があります。
今回は「喘息の対処、対策」について説明をしてきたいと思います。
喘息の発作が起こった場合に、一番優先するべきは医療機関いくことです。
しかし、場所によっては、すぐに医療機関に行くことが困難である場合があります。
また、発作を抑制する薬などがあれば、早期に利用するようにしてください。
特に、気管支拡張剤を行うだけでも大きく症状が改善します。
さて、喘息のリハビリでも利用されるもので、「呼吸法」というものがあります。
有効な呼吸法について説明をしてみたいと思います。

スポンサーリンク

呼吸なんかで、喘息の何が変わるの?という疑問を持たれる人もいるかと思いますが、れっきとしたリハビリでも行われていることなので、試してみるのもいいかと思います。
喘息というのは、気道が狭くなることが多く、肺の空気を交換しきれずにいることが多いです。
これよよって、息苦しさを感じることがあり、本来であれば止まるような発作でもより状況がひどくなることが多いことがあります。
まずは「腹式呼吸」ですが、歌を歌う際に使用される呼吸法でもあり、また睡眠時はこの複式呼吸に切り替わります。
呼吸を意識して、腹式呼吸にすることで発作の悪化を抑えます。
方法としては、おへそに手を当てます。
そして、おへそにあてた手で軽くお腹を押して、へこませながら息を吐きます。
息を吸うときには鼻で行い、おへそにある手を押し上げるイメージで腹部を膨らませます。
これを日常的に起こっていることで、発作時にパニックになることが減ります。
また、これは直立した状態で行うことでもいいのですが、可能であれば、床に仰向けで寝そべって行うことでより、腹式呼吸を意識して行うことができます。
こういった方法をとることで改善することがあるのですが、やはり医療機関の手助けなしに喘息の症状を抑えることは困難という背景もありますので、症状が一向に治まらない方は、すぐに医療機関もしくは救急車を呼ぶなどして対応するようにしてください。

スポンサーリンク