MENU

咳が出る病気?それって「喘息」以外の病気かもしれません!?

スポンサーリンク

喘息というのは、咳が出る病気ということで、非常に認知度が高い病気です。
咳が発作的に出る、そして、咳で胸が苦しいなど、症状が起こるで喘息と個人で判断されることがあんがい多いです。
咳が出る病気というのは、喘息以外にも存在します。
今回は、咳が出る病気について説明をしてきたいと思います。
まずは「肺炎」です。
この病気もご存じの方が多い病気ではないかと思います。
また感染した経験のある方も多いはずです。
特に風邪が治ったのに咳が出る、そして、発作のように咳がでることがあるということで、突発性の喘息?とお考えになる方が多いです。
肺炎は、細菌やウイルス、マイコプラズマなどが肺に入り込み炎症を起こす病気です。
咳のほかにも、「痰、発熱」の症状が起こります。

スポンサーリンク

大体、風邪などの症状が治まって1週間しても咳が止まらない場合には肺炎である場合が多いです。
続いてが、「気管支炎」です。
これは、一種の喘息になることもあるのですが、「気管支」が炎症を起こすことで、発作のように咳が起こります。この炎症の際には、気管支が狭まることが多く、これにより呼吸が苦しくなるという症状も起こります。
炎症が重度化すると喘息に発展することがあります。
次は「肺結核」という病気です。
症状としては、肺炎と同じように咳が長期間続くというのと発熱がが起こるものです。
症状だけで肺炎と結核の違いを見極めるのは、難しいといえます。
判断は、血液検査やツベルクリン検査を行い判断をします。
原因は「結核菌」という菌が肺に入り炎症をおこすことで起こります。
肺炎との一番の違いというのは、肺の細胞を破壊して機能を失ってしまうというものです。
そして「肺がん」です。
肺がんというのは、あまり自覚症状が目立って出ることはないのですが初期の段階ですと、コホンコホンという咳が出ます。
症状が進展すると、だんだんと咳の数が増えて発作が起こります。
また体がだるくなったり発熱、呼吸が苦しいということがあります。
肺がんというのは、症状が進行している場合に治療が特に難しい種類の癌ですので、咳が出ている場合には注意をしてください。

スポンサーリンク